TOP > 国際 > 手に負えない「伝播速度」…経路追跡より診断と隔離に集中を : 政治•社会 : hankyoreh japan

手に負えない「伝播速度」…経路追跡より診断と隔離に集中を : 政治•社会 : hankyoreh japan

国内感染者1千人超え  新天地関連の70代、初の死亡 死者は計12人に 自宅隔離も2万人超える 「軽症患者は自宅隔離が必要」 軽症、重症、深刻に患者を分類し 担当医療機関を振り分け 死亡率を下げるアプローチが必要...

ツイッターのコメント(22)

「病床数より患者数の方が多いため、(しばらくは)感染が確認されても自宅で自主隔離する待機者が生じざるを得ない状況」とし「重症肺炎→ウイルス性肺炎→気管支炎→風邪と似ているか無症状」と優先順位を決め →
これはまだ感染者が千人ちょっとの段階だった時の記事。いまはもう、正直手に負えない状況だろう。

韓国で今起こっていること
>個別の感染経路の疫学調査が困難に
>集団感染が起きたところは症状の見られる患者を選別検査するなどに疫学調査の力量を集中
>患者急増で軽症患者の自宅隔離が検討中
>病床不足で治療の一律実施が難しい状況
>重症度ごとの移送に相当な時間
@otsujikanako 野党やその支持者の中には韓国を見習って検査しろ、という意見もありますが、軽症者や偽陽性者が医療資源を使ってしまい、また病院自体が感染の場になり、医療崩壊につながるようです。
日本も分類の方針が決まらないうちに、検査だけ進めると崩壊するのではないでしょうか。
@xAegvg0JipIY0hD 大量検査
→軽症も重症も専用病床に隔離
→陰圧室などの専用病床不足
→重症入院待ち
→一般病院から一般入院者を別の病院へ移動させ空に
→その病院丸ごと軽症専用に
→ヤバそうだから自宅隔離の検討開始

「韓国 病院」「韓国 病床」の検索で調べた。
大量検査の弊害
検査人数の多い韓国で、このような批判が出てきてるから、日本の検査対象を絞る方法は間違っていないのかも。
日本政府の対応は正解でしたね
韓国医療崩壊
クラスタ分析が仮設を無理やり現実に投影するだけのものになってしまったということ。家庭で隔離のフィージビリティも具体的。
軽症者は自宅に閉じ籠ってもらわないと医療崩壊するという例が韓国
希望者全員を検査・病院で治療していたら
日本もこうなっていたでしょう。
「医療陣は、患者の急増傾向が続けば、軽症患者を入院させずに自宅隔離させるべきと提案している」

マスコミが韓国を見習えと絶賛中ですが…(´・ω・`)

手に負えない「伝播速度」…経路追跡より診断と隔離に集中を(ハンギョレ新聞)
日本は軽い症状の場合、自宅安静でPCRはしない方向で、医療リソースの温存を図っているけれど、韓国は感染拡大した今もまだまだ感染経路を追うことを一定度重視してて、軽症者が掘り起こされすぎ、トリアージなどでリソースがパンク直前になっている。
アレアレ日本の後追いし始めたよ
医療資源を浪費して、どうすんの?
日本には他国を助ける余力はありませんよ
はい、治療方法も無いまま片っ端から受け入れた場合の結果がこちらです。
今、韓国で起きている事、日本でも直ぐに対応しなければならない。
テレ朝の玉川某が韓国見習えとか言ってた気がするんだけど?
無責任の煽り屋だから仕方ないか
よさげな対策は見習おう。千葉の600人の時も書いたけど、各自連絡させて自宅待機しか無いんじゃないか。
@ekesete1 韓国も感染拡大でトリアージの必要性がいわれはじめているようです。

兎も角、予防や体調管理など各自できる対策を講じることが肝要と思います。
韓国でもこう
国内感染者1千人超え 
新天地関連の70代、初の死亡 
死者は計12人に 
自宅隔離も2万人超える 
「軽症患者は自宅隔離が必要」 
軽症、重症、深刻に患者を分類し 
担当医療機関を振り分け 
死亡率を下げるアプローチが必要
以上
 

いま話題のニュース

PR