TOP > 国際 > [書評]嫌韓、日本のメディアと出版を掌握する : 文化 : hankyoreh japan

[書評]嫌韓、日本のメディアと出版を掌握する : 文化 : hankyoreh japan

『嫌韓の系譜』 ノ・ユンソン著/クルハンアリ・1万5000ウォン...

ツイッターのコメント(16)

何処かで日本語訳出版して頂ければ>
[書評]嫌韓、日本のメディアと出版を掌握する(ハンギョレ)
この本の邦訳は出るのだろうか。『笑えるほどたちが悪い韓国の話』は、竹田恒泰氏の著書。

安倍政権が終わって日本社会で良識が取り戻された後、これらの嫌韓本の著者はどんな申し開きで責任逃れするのだろうか。
コメント欄は、安定の「クソっぷり」です。
何故これほど極端な嫌韓人がいるのか不思議で仕方なかったのですが読んで少し腑に落ちた。
①公的メディアが積極的に生産している
②地上波の朝番組で嫌韓放送が野良の火のように広まった
③新聞と雑誌が「韓国特集」を見境なく繰り広げている

④へ続く↓
確かにメディアは「火をつけた」んだけど、元々「韓国敵視蔑視」があるから燃え広がったんだよ
で、この本。日本の「良心派」の名前は上がっているけど、ちょっと基準が不明。若手研究者の書かれたものだから、基準はあるんでしょうが、ずいぶん抜けている。右派も良心派も。
《路頭での嫌韓デモに専念する右翼団体に対応する良心的な行動主義市民もいる。彼らは右翼団体のデモの現場に出ていき、嫌韓反対の署名も集めて体でデモを封鎖する。》
印象操作すら出来なくなったから先鋭化してきてるのかな? トリエンナーレみたいな姑息なことしかやれないところに連中の行き詰まりが見える 自身が鬱屈する分は構わないけど一般市民を巻き込むような暴発はやめてほしい
出版業界で完全敗北したサヨク陣営に韓国が見切りをつける
朝日たちが露骨な役立たず認定を食らう
反日無罪・嫌韓有罪w アッパレ~( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
「 『嫌韓の系譜』(ノ・ユンソン著)」(ハンギョレ191208)
「日本のインターネットで見られる匿名のコメントではない。日本のメディアが書いた記事のタイトルと報道内容である」
さんざん反日やっといて国際法も遵守せず約束やぶっといて、嫌韓の理由が自分たちにあるとは一切考えないんですね。唖然。
それらの本読んだらどうして日本が韓国を嫌うか理由がわかると思うけど、内容についての具体的な反論は無く、すべて日本のせい、日本が悪いですか。
まず自国の教科書を何とかしてから言え。
あっちゃ〜、どこかのマスゴミで見た覚えのあるヘイトのフレーズが、全部翻訳されてバラされちゃった…
個々の事例、言った方は忘れてても、言われた方は覚えてるもんだよなあ。 / (キム・アリ) 【ハンギョレ新聞】
「彼らの活躍する姿によって『カウンターズ』(2017)というドキュメンタリー映画が製作されもした」
彼らがガチ犯罪者と判明して映画が公開中止になったアレですか。
以上
 

いま話題のニュース

PR