TOP > IT・テクノロジー > パナソニック、「エネループ」を知る人ぞ知るブランドから脱却させるマーケティング戦略 - CNET Japan

パナソニック、「エネループ」を知る人ぞ知るブランドから脱却させるマーケティング戦略 - CNET Japan

64コメント 2021-03-04 08:37  CNET Japan

パナソニックの充電式ニッケル水素電池「eneloop」が、同社乾電池事業において、独立したブランドコミュニケーションを開始した。海外での認知度アップを目指し、リピーター多数なのに「知る人ぞ知る状態」に...

ツイッターのコメント(64)

家中をほぼほぼPanasonicで揃えるくらい好きなメーカーではあるけど、充電池に関してはeneloopを表面的に消し去ったことで製品の付加価値を大きく落としたぞ
うちでは三洋時代のエネループ、未だにすべて普通に使えてます
パナソニック、「エネループ」を知る人ぞ知るブランドから脱却させる

そもそも充電池=エネループって位にブランド力があったのに、SANYOをPanasonicが買収してからSANYOのエネループブランドを一生懸命殺そうとした癖に、今更なにやってんの?マジで
eneloopのロゴを小さくしPanasonicのロゴを全面に出しブランドを台無しにした張本人が今更何を言っているのだろう・・・
買収直後からさんっっっっざん言われてたのに、何という悲しきマッチポンプ。
エボルタ「・・・」
三洋買収後に即効で、eneloopからロゴを消してPanasonicへ上書きして、自分がeneloopを知る人ぞ知るブランドにした癖に脱却?
ずーっとあのままeneloopを全面に出して売っとけボケ。
インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課・・

呪文?一呼吸で言えないのだが・・
長ーい文章で、"自己放電しにくい"が一回しか出てこない辺りになんか違う、eneloopはやっぱりしんだんだという感。
「エネループ表記のエネループ」が復活するのかな。 →
元のイメージを損ねておいて何を今さら。加えて、社名部署名が2行に渡っているのを見て失笑。一体何を目指して何と闘っているのだろう。
大人の事情で自ら潰したブランドを立て直しますって
どんな社内闘争が繰り広げられてるんだ
エネループは買うがエボルタは買わないものなあ。
何故今頃再燃してるのと思ったらこれか。。

途中まで読んだけど確かにひどい記事。まず戦犯のドヤ顔ドアップ写真で偉そうな講釈してるの。むかつくとしか言えない。恥を知れ。
だからあの時、「Panasonicじゃなくeneloopを前面に出せ」と言ったのに!三洋も『自社名よりもeneloopブランド認知が大事!』って動いていたのに。結局、三洋路線が正解だった。/
〝知る人ぞ知る状態〟になったのは、パナソニック買収後のような…サンヨー時代は電池を根こそぎ駆逐する勢いだったと思うけど…
国内向けでeneloopロゴ隠したやん…いろいろ経緯はあっただろうけど。
デカデカとPanasonicって書くの止めればいいんじゃないかな…そんなに主張しなくても皆知ってるから |
昔好んで使ってたのにその内見なくなったから買わなくなったけど、ラベルが変わってたのか。
当時はネット通販使ってなかったから見つからなくなるのも当然だな。
長い

インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課課長の水田一久氏
てかこれさぁ、三洋の忘れ形見エネループを自社のエボルタに置き換える戦略に失敗して、結果工場ごと売ったエネループが残った悲惨すぎる結果の成れの果てっしょ?(^_^;
や、ブランドどうこう言うならパッケージのクソダサい「Panasonic」ロゴなんとかしてよ…。担当者資料も電池デザインは敢えて三洋時代の「Eneloop」ロゴ使ってるし、わかってるよね。。
そもそもオリジナルのデザインを変更したのが間違ってる。/
eneloop のロゴを但し書きみたいに小さく隅っこに追いやってブランドをないがしろにしたヤツらがいまさら何言ってんの?というか反トラスト法を考慮できなかった時点で終わってたんだよ
パナソニックロゴを目立たなくして三洋電機時代のロゴに戻せばいいと思うよ。
エネループのブランドを奪っておいて今更・・・
エネループはニッケル水素で1.2Vしかないから、トラックボールとかでもすぐ電圧足らなくなって動作しなくなる。
買収した三洋の輝かしいブランドを自分のブランドに塗り替えたかったのにエネループブランドが強すぎて仕方なく屈辱的な従順を選んだのかな?
エネループ、「知る人ぞ知るブランド」になってたのか…。エネループ以外の充電池も「エネループ」って呼ぶくらい最大ブランドかと思ってた…。だからブランド名残したんじゃないの?<
今更感が凄いな。パナソニックブランドになった時点でやってればいいのに -
SANYO 時代、充電式乾電池の代名詞と言えるくらいまで上り詰めつつあったエネループをくそダサくして潰した張本人(社)が何か言ってるようですが、限定デザインコンプしてるくらいにはエネループファンですので、元のデザインに戻るなら大歓迎です。さっさと戻して?
突っ込んでる人多数だが、今更お前がそれを言うか?案件。
みんな知ってたのを亡き者にしようとしたのはオマエやんけ
今さら!?ってか海外の話ね。日本では自らブランド価値を毀損するという意味不明な売り方で有名だからなw »
じゃあなんでクソデカPanasonicロゴにしたんだってばよ…
: パナソニックの充電式ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」が、同社乾電池事業において、独立したブランドコミュニケーションを開始した。…
知る人ぞ知るブランドに落としたのは、当時ブランド廃止まで検討していたパナ自身だと思うけど、これからに期待。|
エネループ、結局日本国内のパッケージはPanasonicってでかでかと書かれたままなのかなあ。未だに三洋時代のeneloopロゴのやつを使ってる。
全然やる気なくてブランド潰してパナ印に統一するつもりだと思ってたんですけど、はて?
何を今更・・・三洋が築き上げた「エネループ」というネームバリューもブランドも、パッケージからエネループという名前を消して、一瞬で知名度をどん底に叩き落としたのはパナソニック自身ではないか。
バーカ。自分のところでエネループ作り出したみたいなことするな。三洋から横取りしただけだろが
インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課
Panasonicロゴをでかでかと貼り付けた時点でeneloopというブランドは死んだの。今更限定版出そうが何しようか無理よ。何にも分かってない
マイナスをゼロに戻しただけで何を言ってるんだか
ロゴの大きさ入れ替えてから出直してきて
エネループというブランドを消し去ろうとしているようにしか見えないブランド戦略の後でこういうことを言われても、(誤用とされる方の意味で)失笑を禁じ得ない
エボルタはどうしましょうかね?
とにかく判断が遅い。一つの企業で同じ商品を並列販売するのはエンドユーザーを向いてない証左です。
鱗滝さんにひっぱたかれないと判らないのかも。
エネループは、リチウムイオンで1.5Vな乾電池を作った方がいいと思う。
やり直すのに遅すぎると言うことはないですね。ザクティもいっちゃいますかね。
記憶が確かなら、既存製品のマーケティングを考える時は既についてるファンもマターな一つとするのだが、そう言う考え方をしたのか、そうか。
ライバル憎さのあまりブランド棄損活動にいそしんだパナクソさんが寝言をほざいてらっさる。

Japan)
三洋時代からeneloopブランドを牽引する水田さんだ。Panasonicロゴが大きくなってから「知る人ぞ知る」ブランドにされてしまったeneloopブランドを是非また前面に押し出して欲しい。
-
エネループのブランドを築き上げてきたエンジニアやデザイナーなどの先人たちの思い

🤔🤔
昔、eneloopというブランド名を自らの手で消そうとしてたのに、なに今になってのこのこeneloopを看板に掲げようとしてるんだ?感しかないな…
肩書が長い件
インダストリアルソリューションズ社エナジーデバイス事業部コンシューマーエナジービジネスユニット市販マーケティング部コミュニケーション課課長

パナソニック、「エネループ」を知る人ぞ知るブランドから脱却させるマーケティング戦略
出た頃から使ってるから個人的には富士通や東芝のほうが知る人ぞ知るなんだが、エボルタも扱うパナソニックとして、エネループを存続させる理由は何なんだ 俺みたいな変えられないオタクにしか需要なさそうだが
もともと10年くらい前まで充電池と言えばエネループだったのに、今では見る影もないぐらいのイメージになったのはパナソニックが全面的に悪いんだよなあ
パナソニックの日本を含めたグローバル統一のブランディング戦略の取り組み。 / Japan)
返せ!俺たちのエネループを返せ!!
エネループというブランドを育てたいという気持ちは分かったけど、実際は電池のパッケージのエネループという文字を小さくしてパナソニックを大々的にデザインしたり、自転車部門でエネループバイクの名前を潰したり、やってることは真逆だったんだよな。
少しは変わるかね?
歴史修正改変がひどすぎる…『知る人ぞ知るブランド』に堕とされて迫害されたのはパナが扱うようになってからだろ。 >
登場人物の肩書きが長い……!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR