TOP > IT・テクノロジー > シャープのマスク抽選販売、第1回に470万人以上が応募--当選倍率は100倍以上に - CNET Japan

シャープのマスク抽選販売、第1回に470万人以上が応募--当選倍率は100倍以上に - CNET Japan

14コメント 2020-04-28 11:21 | CNET Japanキャッシュ

シャープは4月28日、4月27日に行ったマスクの抽選販売について、応募総数が470万6385人と公表した。同社では多数の応募があったことから、当初3万箱の販売を予定していたが、4万箱に増量したという。...

ツイッターのコメント(14)

この倍率で当選してもマスク.....
最低でも470万人がマスク欲しいけど買えていないって事じゃん。。。
@lovesummers3 この分だと、倍率100倍以上のシャープの抽選に応募した方が、遥かに入手しやすいかもしれませんね。
// …だそうですw
当たらんかなぁ。
凄いな、少なくとも「シャープがマスクを製造販売する」「ネットの通販で」という事を知っているのがマスク需要者の3分の1だとしても、マスクを欲している人は1410万人を超える。
倍率100倍以上というのもすごいけど、サーバに繋がらず応募すら出来なかった人が相当数いるというのがなんとも。

一人複数アカウントで大量注文した人、きっといるよね。
シャープのマスク、当選倍率は100倍以上に。近々第二回の抽選も行うが、前回応募者は自動参加になり応募する必要はないそう。この辺りの合理性はさすが外資で、日本の会社や役所にはあり得ない発想だろう。
絶対複数応募の不正してますやん。
ルール通り無効にしたらライバル減るけど、そんな正義は今の世の中にはないな( *`ω´)
マジかよ。そりゃ繋がりにくい訳だよ・・・
可能な方々はマスクを自作していただきまして、必要な方々、特に医療関係者にマスクが届くように心がけたいと思いました。

- CNET Japan
シャープのマスク抽選販売。第1回は、わずか1日で470万人もの応募があったそうです。そこで当初は3万箱を予定していた販売数を4万箱に増量したそうですが、それでも100倍以上の倍率となりました...。
以上
 

いま話題のニュース

PR