TOP > IT・テクノロジー > 中国メーカーの“水中ドローン”が存在感放つ--「水中ドローン未来予想図2020」レポート - CNET Japan

中国メーカーの“水中ドローン”が存在感放つ--「水中ドローン未来予想図2020」レポート - CNET Japan

11コメント 2020-02-03 14:21 | CNET Japanキャッシュ

水中ドローンに関するイベント「水中ドローン未来予想図2020」が1月22日に開催された。...

ツイッターのコメント(11)

水中ドローンイベント「水中ドローン未来予想図2020」で当社のCOOの吉賀が登壇致しました。当社の産業用水中ドローン「DiveUnit300」の製品説明や音響測位装置を活用した自己位置の推定事例などをお話させていただきました。

▼当日の様子を記事にしていただきました。
中国メーカーの“水中ドローン”が存在感放つ  @cnet_japan「水中ドローン市場は、2022年には52億ドル規模に達するといわれている。地球の約7割を占める海洋をはじめ、河川・ダムや養殖場での産業利用から、旅行やダイビングなどのレジャー用途も見込まれる」
ほおお。
水中ドローン・・・
この発想はなかった。面白いなぁこれ
日本の大企業は何してるんでしょうか。空中よりはるかに重要だと思います。
200m以下までいけたら、夢ありますよ。

中国メーカーの“水中ドローン”が存在感放つ--「水中ドローン未来予想図2020」
先日のイベントを
ご紹介していただきました🧚🧚
以上
 

いま話題のニュース

PR