TOP > IT・テクノロジー > スマホの「夜間モード」が逆に睡眠を妨げるとの研究結果 - CNET Japan

スマホの「夜間モード」が逆に睡眠を妨げるとの研究結果 - CNET Japan

21コメント 2019-12-25 11:38 | CNET Japanキャッシュ

結局のところ、スマートフォンのブルーライトが睡眠パターンを乱すことはないのかもしれない。あるいは少なくとも、ブルーライトを減らす「夜間モード」ほど害はないのかもしれない。...

ツイッターのコメント(21)

夜間モードにしたらスマホずっと触っても大丈夫だと思ってました(だめ)
どっちやねん!
結局どっちなのさ❓|
「スマホの『夜間モード』が逆に睡眠を妨げるとの研究結果」- 暖色系の光がよくないから夜間モードもとかいてあるけど、夜間モードの画面って暖色系? 青い色が多いと思うんだけど。
ブルーライトを浴びることによって夜が来たことを判断するのに、夜間モードがブルーライトを制限すると夜の到来を人間が認識できない可能性があるとのこと
え、そうなの? 自分のiPhoneダークモードにしてるけど...
ええ…なんてことだ…
ディスプレイの夜間モードは、使ったほうがいいのかよくないのか、悩んでしまう(断定的な記事ではないから)。
使わないほうがいいのなら、今まで使ってきたのは無駄だったのか、と悔やみそう。
夜間モードにしようと思ったことが無かった。
みんな使ってるものなのか??? /
今までとは真逆の結果が出ましたね
結局は、こんな細かいこと気にしないのが一番な気がしてきました。こういうことをいちいち考えているとストレス抱えそうですし。
SHARPの研究結果によると、AQUOSのリラックスオートの使用でセラトニンの分泌量がアップするんだけど→
「体内時計は夕暮れ時に自然光がより暗くより青くなる特徴を使って、眠るべき時を判断している」そうなん?
体内時計は夕暮れ時に自然光がより暗くより青くなる特徴を使って、眠るべき時を判断している

情報源
あくまで「夜間」モードであって睡眠モードじゃないのね。
これって使ってる人そんなにいるのかなぁ。
もう何も信じられない。 /
🇯🇵 (2019-12-25 02:23:00Z)
以上
 

いま話題のニュース

PR