TOP > IT・テクノロジー > 「いいね!」ボタン、設置したサイトもユーザーデータに責任--EU司法裁 - CNET Japan

「いいね!」ボタン、設置したサイトもユーザーデータに責任--EU司法裁 - CNET Japan

12コメント 2019-07-30 10:34 | CNET Japanキャッシュ

欧州司法裁判所は、Facebookのいいね!」ボタンをプラグインとしてウェブサイトに組み込み、ユーザーのデータをFacebookに送信している企業について、データ送信に関してFacebookと共同責任を負うとの判決を下した。...

ツイッターのコメント(12)

「EU圏の人々のデータをFacebookや他のソーシャルネットワークに送信するすべてのウェブサイトは今後、事前にユーザーから明示的な同意を得なければ…GDPR…の厳格な基準を順守できないことになる。」「いいね」ボタン、設置したサイトもユーザーデータに責任--EU司法裁
欧州司法裁判所は29日、 Facebookの「いいね!」ボタンを自社サイトに組み込み、ユーザーのデータをFacebookに送信した場合、Facebookと共同責任を負うとする判決を下した。

事前にユーザーから明示的な同意を得なければ、GDPRの厳格基準が順守出来ていないことになる。
「そのような企業がデータ送信についてFacebookと共同責任を負うとする判決を下した」→
Facebookピクセルとか完全アウトっぽい感じ?ちゃんとするから、どうしたらいいのか簡単に教えてくれよ。
ソーシャルネットワークに送信するすべてのウェブサイトは今後、事前にユーザーから明示的な同意を得なければ、2018年に施行された一般データ保護規則(GDPR)の厳格な基準を順守できないことになる。
ほほう。。
「いいね!」ボタンを押さなくてもパーソナルデータが抜かれるやつですね、これ。
// 顔本限定の話っぽいのでメモのみ。
『データが「Facebookに送られ、収集および開示されるプロセスに関わる活動」に対して責任があるという。』
なるほどねー。納得は出来るものの厳しいジャッジだねぇ。
これは厳し!/
以上
 

いま話題のニュース

PR