TOP > IT・テクノロジー > CNET Japan > ARで“超能力”...

ARで“超能力”を身につける未来--「HoloLensの父」A・キップマン氏に聞く - CNET Japan

16コメント 登録日時:2019-03-15 08:30 | CNET Japanキャッシュ

マイクロソフトは「HoloLens 2」を発表したが、このデバイスはまだ一般向けのものではない。一般ユーザーがHoloLensを使えるようになるのはいつなのか、そして未来はどうなるのか、HoloLensの開発責任者アレックス・キップマン氏に話を聞いた。...

Twitterのコメント(16)

AR期待だけど、もう2年は法人利用に留まるかぁ。

家で買うのはアーリーアダプターくらいよな。
hololensは今年のCESで触ったけど、使用感としてはまだまだ。
確かに、いつ、どのベストルで実用可能かは分からないけれど、ただ、HoloLeosがみせる世界は、間違いなくイノベーションであり、多くのソリューションとなるよね。
この人ほんと天才やな。将来、バーチャルで握手したり頬を撫でたりできるようになるのかぁ。 /
ARやホロレンズについて、アレックスキップマン氏の記事
>人間が生まれつき、日常的に空間や時間を置き換えられる超能力を持っているかのような世界を作ることです。これは一生掛かる仕事ですが、わたしの人生に、ほかにやるべきことは思いつきませんね。
次のHoloLens ミートアップの集合写真全員このポーズしてそう
>< → キップマンさん「人間が生まれつき、日常的に空間や時間を置き換えられる超能力を持っているかのような世界を作ることです。これは一生掛かる仕事ですが、わたしの人生に、ほかにやるべきことは思いつきませんね」
"「どうやったら問題を全部解決できるんだ」と言いながら、夜中まで悩んだものです。間違った判断をすれば、その判断と今後10年以上付き合って行かなければならなくなるかも知れませんから" / “ - CNE…”
見てるところは同じだ。>『ホログラムを押すと、反作用が感じられるところを考えてみてください』//
キップマンさんもプレゼンスが大事だと言ってるんだね。
僕は AR 推し。「当面の間は、成功する製品は法人向けのものだけで、主に現場の作業者が利用するシナリオだと思います。そのうちに知識労働者が利用するシナリオも出てくるでしょう。」/
プロダクト的な楽しみで言えば一番 / (CNET Japan)
カッコイイ〜
ふむふむ〜 →
以上

記事本文: ARで“超能力”を身につける未来--「HoloLensの父」A・キップマン氏に聞く - CNET Japan

関連記事