TOP > IT・テクノロジー > 「AIは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る - CNET Japan

「AIは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る - CNET Japan

22コメント 登録日時:2018-12-25 08:15 | CNET Japanキャッシュ

人工知能(AI)が「冬の時代」に入ると見る向きもあるが、グーグルや百度(バイドゥ)でAIプロジェクトを率いてきたアンドリュー・ウ氏はそうした懸念を一蹴する。それどころか「永遠の春に入った」かもしれないとする同氏の考えを聞いた。...

Twitterのコメント(22)

最近は景気の後退、過度な期待による幻滅によってAIの冬の時代の再来が懸念されているけど、次に来るのは「地に足の付いたAI活用が語られる時代」だと思う。世間の理解とツールの発達は間違いなく進んでるからね。
Ng でウって読むのか!
AIは永遠の春に入ったらしい …… - CNET Japan
自分は< >に興味を持ちました! |ω・`)
AIが人類最後の発明だと10年ほど前から言われ続けてますね。そして最先端の技術の恩恵を先に受けられる人たちはいつの時代も限られてる。庶民ににすぐに還元されるとは僕には考えにくいなぁ。。
人を管理・監視する側の、視点。所謂科学技術には、必ず正負両面がある。
両者を利用する・収益倍増。この人物の言う永遠の春とは何か、至極単純。
永遠に続くとは少なくともあなたが生きているうちだけですよ。
AIの隆盛とともに、優秀なスタートアップが生まれてくるだろう。だが、大々的な移行を果たす既存の企業も出てくるはずだ★|
いつになったらAndrew先生の名字の読み方が定まるのだろう…。
Andrew Ngって「アンドリュー・ウ」って読むんですか??
ウ氏、誰かと思ったら Ng 氏- 「「AIは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る」
知られていないけど、60年代の人工知能研究では日本が郵便番号読み取りを実現させ世界を驚かせた。今回は文字読み取りが顔の認識までは来た。人の心を読み取れるまで、AIの夏と冬は続くだろう。 / “「AIは永遠の春に入った」--人工知…”
今度のニューラルネットブームはちゃんと実運用と利益出てるから一過性じゃなくずっと続くはず、と。自分もそう思う。否定的なブ米は、まあそう思ってれば、と。最近もちゃんと進歩続いてるんだよ。 / “「AIは永遠の春に入った」--人工知…”
“「広告からウェブ検索、コンピュータセキュリティまで、一連のAI製品を動かす力を持っていて、それが最終的な収益に影響する」”
> 「これまでの初期の頃の流行は、実質的な価値もないまま登場していた。だが今は、AIが膨大な価値を実際に生み出している。」
"これまでの初期の頃の流行は、実質的な価値もないまま登場していた。だが今は、AIが膨大な価値を実際に生み出している。"

実績を元にして論じていて腑に落ちる。
「Aiは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が ...
『AI技術が、関心も資金も急激に落ち込むという、何度目かの「冬」の時代にまたしても入るのではないかという懸念を、Ng氏は一刀両断に切り捨てている。』
どうかなあ、次の弱いAIが出てこないし、強いAIのことを論じてる人もあんまりいないし。。。
「Aiは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る
以上

記事本文: 「AIは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る - CNET Japan

関連記事