TOP > IT・テクノロジー > 田端信太郎氏が「LINE」を辞める理由--単独インタビュー - CNET Japan

田端信太郎氏が「LINE」を辞める理由--単独インタビュー - CNET Japan

107コメント 2018-02-14 08:12 | CNET Japanキャッシュ

LINEの広告事業のトップである田端信太郎氏が、2月末をもって退職することを明らかにした。「新たな挑戦をするため」と語っていた同氏にその真意を聞いた。...

ツイッターのコメント(107)

ちょっと古い記事だけど面白かったのでシェア。/
田端さんのLINE時代の話では当時顧客からの需要にシステムの体制が追いつけず相当苦労したようだ。やがてツイッターでの問題発言が始まる!精神的にかなりキツかったのかもしれない?
スマホのデジタルマーケは次のフェイズへ。

◆スマホを使ったデジタルマーケティングは、いよいよフェーズ2に入ってきています。いまさら、ファストフード店がスマホにプロモーションバナーを出してもしょうがないわけです
広告主側のマーケ担当になったところで必ずしもプロにはなれないってことだな。

”広告主サイドのマーケティング担当者がジョブローテーションで数年周期で入れ替わっていたり、本当の意味でのプロが育っていない”
田端さん退職ネタ
2013年てそんな感じだったのか。。確かに企業のスタンプ作っているデザイナーいた。>
独立するわけではなく、転職なのか /
『これまで分断されてきた需要と供給がつながるようになった』田端信太郎氏が「LINE」を辞める理由-単独インタビュー @cnet_japan
田端さんが次行くのは、スタートトゥデイだと予想してみる。|
昨日の記事ですがようやく読めました。デジタルマーケの視点と仕事人の視点、多面的に大変興味深いです。>
田端さんは独立されるのではないかと思ってたら、広告主サイドに移られるのですね。

LINEを辞めたら田端さんはどのスマートスピーカーを使うのかが何気に1番気になる……
あ・・・・いつのまにか辞める予定だった。そのほうがいいんじゃないのかな。
同じ丸刈りと言うだけでも気になってしてしまう人物。
情報あつめてたんですね
だからオラオラ営業だったのか
LINEアプリに脆弱性があるから辞めるとかそういう話じゃないのか。
田端さん、次は広告主サイドなのか。ちょっと意外だった。

誰もが知るナショナルクライアントなのかな? どこだとしても、新しい広告のカタチを見せてくれそうで期待しかない。

質問ふられたとは言え、広報が言い過ぎてる感w
退職がニュースになる田端さん。サラリーマンでもこうなれるというすごいロールモデルだよな。とても真似は出来んがw>
LINEの田端さん次は事業会社なのかー。こんな方がファミマに来てくれたらめっちゃいいのに。広告主側がホントに遅れてるから。
今度は広告主サイドへ。まだどちらかは非公表とのこと|
ドライブスルーで5キロ前からスマホで注文して、ピックアップできるようにしたほうが楽ですよね
田端さんって、LINE辞めて1ヶ月位休んでから新しい会社へ入社するのかな!?ちょっと気になる
社名と役職を出しての炎上ツイート、会社として許容していたのか。でも平社員が同じことしたら懲戒されそう

Japan
さすが LINE の広報担当は SNS の機微がわかってますね(消したら逆に拡散するだけ、とか
広報担当「1番やってはいけないことは、社員のキャラクターを殺してしまうことでその人の魅力が出せないことだと思います。」 /
ノイジーマイノリティとサイレントマジョリティの関係性に興味を持つ人にとって最適の人材で、世間で思われてるより遥かに良い人だと思う。 /
げんきでる/
201: これだけネットで叩かれるような人間でも移れる先の企業があるということは多くの人びとにとって朗報なのではないのかなと思うのだが。/氏がデキるビジネスマンなのかどうかはそもそもよくわからない。 / “田端信太郎氏が「LIN…”
叩いていた人はlineの執行役員という立場と発言内容のアンバランスさにある種肝を冷やしてていたのかと思いきや、単に個人が気に入らないだけだったということが明らかになってきてる / “田端信太郎氏が「LINE」を辞める理由--単独…”
どこの事業会社だろ?
Twitter界の炎上芸人としてこれからも目が離せない
胸をなで下ろす広報担当www
LINEを「止める」と読んでしまい何事かと思ったらくだらなかった。
お行儀第一な社風になっちゃって窮屈だったかな。…
『退職については、胸をなで下ろしているところもあります(笑)』
田端氏が広告主サイドになって満足できるのか(面白みを感じるか)は疑問。物足りなくなってまたメディア側に行くような気が。 /
プラットファームから事業主側に。ロレアルの長瀬さんみたいな動き。次の会社でのご活躍が気になる。。。
マジこれ。「なので、PCのリスティング広告は長期的には緩やかに衰退していき、スマートフォンの中では検索よりもLINEやFacebook、Twitterのインフィード広告がメインの運用型の配信先になっていくのではないかと思います。」
どの会社に行っても、「キャラクター」は田端さんご自身にしかない魅力だから貫いてほしいですw/
“広報部から言ったらダメと明確に言われたことに対して、見切り発車でやるということは最低限のマナーとして絶対にしていません“そうだったんだ! /
LINE社の田端氏のインタビュー記事。SNSでの発言はたまに拝見していました。会社だけにとどまらず、自分が関わっている「広告」そのものに真っ向から取り組む姿勢は本当に尊敬します。新天地でも応援しております。
www
“広報担当者 :退職については、胸をなで下ろしているところもあります(笑)”
辞め方が小室風 /
インフィード広告。うん、言われてみれば……。首肯できます。
広告主にいくのか!!!/
おおおまじかたばてぃん!(たばてぃんではない
退職インタビューってすごいな🙄

“広告主サイドのマーケティング担当者がジョブローテーションで数年周期で入れ替わっていたり、本当の意味でのプロが育っていない”
ステキなインタビューや、、、
LINE広報「思ったことを正直に言っているというキャラクターが確立すると、営業上のメリットもあるので、デメリットとのバランスですね」/
もっと見る (残り約57件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR