TOP > IT・テクノロジー > 先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ--高校生向け学習記録SNS「Studyplus」 - CNET Japan

先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ--高校生向け学習記録SNS「Studyplus」 - CNET Japan

12コメント 2017-09-20 11:30  CNET Japan

大学へ進学する高校3年生のおよそ3分の1が毎年新規登録しているサービスが、スタディプラスが提供する学習管理SNS「Studyplus」だ。

ツイッターのコメント(12)

先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ

「進捗管理」は人間のみの力だけでは難しい。
だからこそICTの力を組み合わせ、教育を行っていくことがベターになる。(なった・なってきている・なりそう?)
また、心に向き合う手段を教員は身に付けなくてはいけないと思います。
先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ-学習記録SNS「Studyplus」(CNET Japan)『スマートフォンの普及にともなう映像教材の増加により、先生の役割が「指導」から「進捗管理」へと変わってきている』 塾講師生残り大変だ
学校、塾・予備校、学習管理インフラ。本来の教育機関と企業の構図。
こういうのがあるんですね。|
20170920(情報)参考になります。(ぺ)
いや、指導をせーよ。。。
学習進捗データが職員にも共有されるので適切なフィードバックも受けれる。APIサービスも提供しているので他教材サービスとも併用可能。先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ高校生向け学習記録「Studyplus」 @cnet_japan
Studyplusの現状、For Schoolの新機能、具体的に導入事例など網羅的にご取材いただきました!
今はこういう便利アプリがあって良いね。
@cnet_japan 教科ごとに学習量、学習時間を計測・記録できる。過去の学習履歴をグラフ化。個々の生徒のサポートが求められている。映像教材の増加により、先生の役割が「指導」⇒「進捗管理」
PDCA型の学習サポート――これだよね。スマホが単なる生活ツールでPCすらロクに使えない大学生(既卒)が多い中で、今後は入社時からERPによる目標&自己管理に慣れているような学生が増えるでしょう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR