TOP > 国際 > 台湾のマスク実名制、成功の背景に官民一体の努力 | 社会 | 中央社フォーカス台湾

台湾のマスク実名制、成功の背景に官民一体の努力 | 社会 | 中央社フォーカス台湾

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大によるマスクの需給ひっ迫を受け、台湾の政府は2月6日から、医療用マスクの実名制購入を実施している。蘇貞昌行政院長(内閣)が実施を発表したのはその3日前の2月3...

ツイッターのコメント(12)

@23k_h 台湾は2月から健康保険カードでドラッグストアに一週間あたり2枚マスク買えて、3月から週3枚買えるようになって、先週からインターネットで予約してコンビネで受け取れるようになってとても便利です!
日本もマイナンバーを普及させたければ「時間とカネをかけて登録した人」へのメリットをハッキリと示さなければならない。

マスク実名制の重要な基盤となったのは、衛生福利部(保健省)中央健康保険署の医療情報クラウド共有システムだ
| 人気記事 | 中央社フォーカス台湾
(2020.3.4)
ーー必ず住民登録証を提示。行列に再び並んで買いだめ…を防ぐ。保健当局の医療情報をベースに展開できた。
薬局などのマスク在庫状況アプリもある。
@vG2AZlCr4F3hx6Y 台湾の時は個人IDナンバー紐付けを絶賛したくせに日本でやろうとしたら掌返すのはおかしいだろ。

MOBILE
日本もすべきです。!!!!

MOBILE
日本、韓国が絶賛

👉2013年から整備してきた「医療情報共有クラウドシステム」
我が国でもマスクやトイレットペーパーの買い占めに走る人が多い。震災のとき秩序ある行動と海外で評価され自画自賛する日本国民もいたが嘘だ。どこも同じ。呼びかけだけでは無理。
フォーカス台湾「台湾のマスク実名制、成功の背景に官民一体の努力」
日本はマイナンバーで早く実現を!

「マスク実名制は、販売を国民健康保険(健保)の特約薬局や衛生所(保健所)に限定し、購入に国民健康保険証の提示を要求するという仕組み。1人あたりの枚数制限も設けた。」
台湾は2月6日から、医療用マスクの実名制購入を実施しているが、政府が発表したのは2月3日。既存のシステムをベースに稼働させた。|フォーカス台湾:
▽政府、既存のシステムを基盤に実名制に対応
▽ 「マスクマップ」の登場 民間有志が参加
▽ 縁の下の力持ち 中華郵政と薬局スタッフが配送・販売に尽力
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR