TOP > 国際 > 自民有志「護る会」、李登輝元総統への「最高位の勲章授与」を提言/台湾 | 政治 | 中央社フォーカス台湾

自民有志「護る会」、李登輝元総統への「最高位の勲章授与」を提言/台湾 | 政治 | 中央社フォーカス台湾

(東京中央社)李登輝元総統の死去を受け、自民党の保守派有志議員による「日本の尊厳と国益を護る会」は7月31日、日台関係の発展や日本文化に大きく寄与した李氏に対して最高位の勲章授与を検討するよう政府に求める提言を発表した。...

ツイッターのコメント(14)

<本来、国賓でもっと早期に招待するべき人だったんだよ、勲章授与は当然!
最高位ってことは大勲位菊花章頸飾かな?
「護る会」に激しく同意✋
狗屎啦……
是非、実現して欲しいです。できることならご存命のうちに感謝の気持ちを直接お伝えし、日本がいかに励まされたかを世界に示せたらよかった。
これってご存命の時は中国に配慮して言い出しもしなかったけど、ご逝去されるのを待って今なら中国も何も言わないかな?と思って提言し始めたって事でいいですか?
本来ならば、李登輝元総統がお元気な間に天皇陛下より直接お渡しいただきたく念願していた。
是非政府は決断をしてもらいたい。
大勲位勲章を渡すのは難しかろう。
🇹🇼台湾の恩義を忘れちゃならない。
#自民有志 
#李登輝元総統 
#最高位の勲章授与を提言
李氏が台湾で果たした業績は「現在、中国共産党政権による圧政と人権抑圧に苦しむウイグル、チベット、南モンゴル、そして香港にとっても大きな希望」だと指摘した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR