TOP > 国際 > 李登輝元総統死去 日本とのゆかり深く/台湾 | 政治 | 中央社フォーカス台湾

李登輝元総統死去 日本とのゆかり深く/台湾 | 政治 | 中央社フォーカス台湾

(台北中央社)親日家として知られる李登輝元総統が30日夜、敗血症性ショックや多臓器不全のため台北市内の病院で死去した。97歳だった。日本統治時代の1923年に台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝区)に生まれた李氏。皇民化政策の一環として展開された改姓名運動に従い、岩里政男と日本名を名乗った。「22歳までは日本人だった」と公言するなど、日本とのゆかりは深い。李氏と日本との関係に焦点を絞り、その歩みを...

ツイッターのコメント(35)

中央通訊社の李登輝評伝、終盤にある「戦前は日本人として、戦後は台湾人として生きることを余儀なくされた」という一文。これは李登輝とあの時代の台湾の人々の全てを内包しているなあと。深く、重い言葉だ。

日本とのゆかり深く
政府関係者の葬儀への出席なし、中国に配慮だそうです。腹立たしくて言葉が出ない。
李登輝元総統の逝去に際し哀悼の誠を捧げます。
台湾の永遠の自由と平和を願います
ご冥福を御祈りいたします。
戦後の気骨ある政治家が、また一人鬼籍に入られた。御冥福をお祈り致します。
台湾の民主化に貢献され今の台湾は李登輝元総統の力が非常に大きい。
日本と友好的な関係だった事に凄く親近感があった。これからも続いて欲しいと願う。心からお悔やみ申し上げます。
御冥福をお祈り致します。
日本とのゆかり深く/台湾(ファーカス台湾7/30)

李登輝兄が召天された。自由中国の偉大な指導者であり、民主化、精神文化の向上と多方面でのタラントをもったたいへん優れた学者、政治家、そしてなにより中国人であった。御国で安らぎがありますように。
とうとうお亡くなりになられましたか ⇒
誇りを持ったまま天国に召されたね
東アジアの歴史を動かした偉大な政治家でした。ご冥福をお祈りします(-人-)
この人がいなかったら台湾が韓国みたいになってたかもしれないし、台湾好きの日本人も少なかったかもしれない。歴史に大きく寄与した人だなーと改めて思う。国のトップは大事だなと。
李登輝さんの夢。
台湾の独立が叶います様に(;>_<;)

ご冥福お祈りします。
様々な批判を受けながらも自己を貫徹させた李登輝元総統。今の日本にこれだけ意志の強い人はもう居ないだろうな。
…『1999年9月21日、台湾で大地震が発生。李氏は震災の対応に当たり、日本での入隊経験が役立った。
地震発生後、ほぼ毎日のように被災地に足を運び、現場を見た上での指揮を実践した』
大学生の時に、李登輝氏の著書をたくさん読み漁り、同時期に生きて、日本へ来た祖父母に思いを馳せた。
手紙を書き、ご自身の著書と一筆が返ってきたときにとても感動したこともあり、台湾への留学を決めた。
世界で最も偉大な政治家、日本にとっても特別な政治家「台湾民主化の父」がこの世を去った。
日本人は歴史を学び直し、日本とは、台湾とは何かを知り、改めて日台の強固な連携をしていくべきだ。
日本に対して心を寄せてくださっ有り難く思っていました。心からお礼を申し上げたい。
ありがとうございました。お疲れ様でした。南無阿弥陀🙏🏻
安らかにお休みください。
空から台湾を日本を見守ってください。日台友好が更に深くなりますように。
我々日本人は 現在の台湾を育てた李登輝先生に
いつか恩を返すべき
李登輝元総統のご冥福をお祈りいたします。台湾を旅行すると様々なところで変革が起きた痕跡に気づきます。民主化を実現させたことを尊敬します。また、台湾で日本語教育を受けた世代の方何人かとお話しをしましたが、徐々にその世代の方々がいなくなられるのも寂しく思います
台湾(中華民国)の中興の祖と言っても過言はないだろう。この方がいなかったら、台湾は香港のように中国の一部になっていたかも知れない。ご冥福をお祈りいたします。 >
88年の熱い選挙は現地で見ておりました。時代の変革だったのでしょう。御本も何冊か読ませていただきました。ご冥福をお祈りいたします。
えだのんがオプミで言ってた「政治は時間の関数」
それが台湾の李登輝先生の言葉だってことくらいしか知らなかったけど、本当にすごい人だったんだな…
こうした方々のおかげで今があるんだよね
お悔やみ申し上げます
天国から台湾と日本を見守ってください
悲しい…いっぱい悲しい…でも97歳ですもんね…
謹んでご冥福をお祈りいたします。
日本にとっても、無くてはならない方でした。
ご冥福をお祈りします。
15年前来日された折に、関空からお見送りしました。沢山の日本人台湾人、日の丸でお見送りた。蛍の光をうたいました。「千島の奥も 台湾も 八洲の内の 守りなり」先生ありがとうございました!
ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。>
「22歳までは日本人だった」と公言するなど、日本とのゆかりは深い。李元総統と日本との関係に焦点を絞り、その歩みを振り返る。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR