TOP > 政治・経済 > 低脂質高たんぱくの「コオロギ由来のプロテインバー」が発売!1本50匹分、京都の昆虫食ベンチャーが開発 - IRORIO(イロリオ)

低脂質高たんぱくの「コオロギ由来のプロテインバー」が発売!1本50匹分、京都の昆虫食ベンチャーが開発 - IRORIO(イロリオ)

22コメント 2018-11-19 20:54 | irorio.jpキャッシュ

昆虫食ベンチャーの株式会社BugMo(京都市上京区)は11月19日、コオロギ由来のプロテインバー「BugMo Cricket Bar(バグモクリケットバー)」を発売した。 食用コオロギを粉末にしてバーに加工 「BugMo Cricket Bar」は、環境に優しいというコオロギ由来のプロテインバー。 同社による...

ツイッターのコメント(22)

パッケージがそれを連想させないぐらいで、なかなか美味しいらしい。
どちらかというと、こっちのほうが、食べてみたい。
コオロギでつくったプロテインバーも試作されてる。夢のある話
カエルだし筋トレしてるし食べてみたい
@rmiyamoto_ 実際に昆虫のプロテインバーが売ってるようですw



確かに外国人の方が体臭が強いイメージがあるので、そこまでナーバスになんなくても良いかもしれませんね!
食べてみよう!
最近話題の昆虫プロテイン

海外では結構前からパウダータイプが売ってて輸入すれば買えたけど日本ではバータイプが発売です

(自分はちょっと・・・)
食える食える。

全然、食える.

むしろコオロギ50匹ってスゲェなwwwww
さっきラジオで話してたけど…
うーん🤔🤔見た目はまぁ~セーフだけど、コーロギさんの粉末入り...😱😱😱無理かなぁ

- IRORIO(イロリオ)
いやー……ちょっとまだ僕に早いな。
読まれています!( ゚Д゚)
これ食べてみたい。今から昆虫食になれておかねば。
「提携農家に育ててもらった食用コオロギを粉末にして、たっぷりのデーツ、クルミ、チアシードなどフルーツと一緒に練り込んで加工。1本あたり50匹のコオロギを含み、タンパク質10グラム、必須アミノ酸9種、2分の1日分のオメガ3を含む」→京都の昆虫食ベンチャーが開発
外国の方がお寿司を食べられるようになったみたいに
日本人も昆虫に対して抵抗がなくなる日が来るのかいなか。。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR