遵法精神なき外国人への生活保護支給を憂う

32コメント 2020-02-27 18:53 iRONNA

ツイッターのコメント(32)

帰っていただきましょう
外国の方がってのは本当に確かに謎。
あと、日本人でも3世代くらいずーっとみんな生活保護世帯なんて人はマジでなんなのかなと。
手続きは正直病気や犯罪被害で貰わざるを得ない状況になった人間にはかなり大変です。
いい加減期限を切って「日本国籍を持たない外国人生活保護受給者は受給資格を喪失する。」と布告して「嫌なら祖国へ帰れ」という方向に持って行くべき。/
生活できないなら国へ送り返すべし。
2014年からずっと言われているが未だに改善していない。これが原因で申請できない日本人もいる
〜桜内文城



外国人に受給資格がない。とにかくそのことは最高裁でハッキリしたわけです。行政の判断で法律では認められていない外国人を日本国民と同じように取り扱う―という判断自体、この際、よく考えて見る必要があると思います
知っていますか?
外国人向けの生活保護は、昭和29年に厚生省が出した通知による「当分の間」の措置でした。その「当分の間」が60年続いています。パンデミックで明らかになったグローバリズムの脆さ。移民推進派は、移民を養う覚悟があるかどうかをまず国民に問うべきです。
アメリカでは自国民しか生活保護支給を受けられません。他国も同様です。自国民とは自国籍を保有した人です。他国籍の永住権保有者でさえ対象外です。日本でも日本国民だけと記載されています。しかし現実は違う。
こう言う中国朝鮮の暴挙が未だになくならないのは、売国的国会議員がどこかで廃止されないよう動いていると見るべきです。社会保障費削減で医療機関の統廃合を進めておきながら一方でこの政策は放置。暗い闇がある
まずは、驚くべき事実を知ろう!

生活保護受給者の増加が言われて久しい。近年では外国人受給者の急増も指摘されているが、折しも外国人労働者あるいは移民の受け入れ拡大が進められており、わが国の社会保障の存立に重大な影響を与える問題となりかねない。
こちらも読んで欲しい。
過去記事ですが、リマインダーって事で。国民が対象の生活保護が、「当面の間」外国人にも対応、が、既に60年で、人口割合から考えたら1部の外国人は日本人より受給率高いよねな状況に…違うでしょ??
 
PR
PR