TOP > ネタ・話題 > 「国民を甘やかすな」異端理論よりもタチが悪い財務官僚の特権意識

「国民を甘やかすな」異端理論よりもタチが悪い財務官僚の特権意識

34コメント 登録日時:2019-06-11 07:10 | iRONNAキャッシュ

田中秀臣 世界的な経済政策論争の焦点が「緊縮政策」か「反緊縮政策」かという対立にあることは、2008年のリーマンショック前後から顕在化していた。日本では、90年代から続く長期停滞で、既にこの論争の対立軸に沿った経済政策の是非が長い間争われている。 「国民を甘やかす」思い上がり 粗いMMTを支持する粗い論説...

ツイッターのコメント(34)

iPS細胞の補助金打ち切りもそうだけど、官僚の本質ってコレなんだろうな💢
消費税、どれほど上げても幸せにならんと思うよ。
逆に不幸な人を増やすだけ。
虐待も増えるし貧しい人も増えるし結婚もできなくなるよ。
経済学生らしいこというと日銀の総裁が「税金を下げることは国民を甘やかすことだ!」という発言したくらいだから
詳しくはここ参照
(田中秀臣)-オピニオンサイトiRONNA
『国民を甘やかすな』だって。財務省連中は何様なの⁈自分達が国民を支配している気になってる⁈紙の試験が出来るだけの馬鹿が権力を握るとこうなると言う。中共みたい。
国民の税金に頼って甘えたい放題のヤツらが何を言うか。
この財務省のトンデモな驕りを決して甘やかしてはならない。 / “ 田中秀臣の超経済学”
あはは。「実際には、MMTをはるかに超えるトンデモ経済論が、日本で実施されていることの方が深刻だ。トンデモな人たちによる最悪のトンデモ理論、それは財務省の緊縮路線である。」
悪代官そのもの。世が世なら一揆。財務相界隈で辻斬が横行しても誰も同情しないな。/
増税をいかにしてはならないのかこの記事からでも伺える
まるで財務省と安倍政権が対立している様な書き方だな、さすがウジ産経G。財務省と安倍政権は結託して国民から搾取する詐欺集団だろ!
騙すなよ!
財務官僚を甘やかすから
こんなことに。
事務次官のスキャンダルの時に
徹底的に弱体化していれば…。
むしろ財務省官僚を甘やかすなよ。とか思ってたら本文に書いてた。
財務省完全に国民脅してるようにしか見えないな。
↓↓↓↓↓
トンデモ理論、それは財務省の緊縮路線である。この財務省のトンデモな驕りを決して甘やかしてはならない。
この記事を読んで財務省官僚がやはりこの国の為にならないのを再確認した。
財務のみに留まらず、官僚の不手際で、起きている問題諸々の不備の責任を、国民に背負わせて当然ヅラしてくる上層部にこそ、給与や待遇面で厳しくして欲しいものです。

甘やかされてんのは、国益を預かりながら現場で無責任な行動で失策しても、国益返済義務がない官僚達
「消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる。経済が厳しくても10%に上げるべきだ」という財務省の上層部の「本音」
MMTをラガルド氏が認めたというのはデマ。朝日新聞と同じ。悪質。

「4月11日に行われたIMFの会見原文を読めば、ラガルド氏がMMTを明白に否定していることがわかる。むしろ、短期的には有効に見えても、それは維持可能な政策ではないという趣旨で批判している。」
田中秀臣教授「トンデモな人たちによる最悪のトンデモ理論、それは財務省の緊縮路線である。この財務省のトンデモな驕りを決して甘やかしてはならない」/
<本日よく読まれています> 

→トンデモな人たちによる最悪のトンデモ理論、それは財務省の緊縮路線である。この財務省のトンデモな驕りを決して甘やかしてはならない。
産経新聞で「消費税率がこんなに低いのは、国民を甘やかすことになる。経済が厳しくても10%に上げるべきだ」という財務省の「本音」が紹介されていた。
"だが、共同声明を読み解けば、麻生氏や日本銀行の黒田東彦総裁が口にしているような、今年後半からの経済状況の持ち直しよりも、下方リスクが強調されているのが実情だ。各国の財務相や中央銀行総裁は、内心では日本の緊縮スタンスに冷めた見方をしているだけだろう。"
かつてスーパー官僚が集った財務省。今や「恥ずかしい職場」に成り果てている実態は、机上エリート集団の無謬性ゆえなのだろう。
@piroshiking1126

悪質な匿名垢のMMT信者から絡まれてらっしゃいますからね。

MMTはダメです。
理論になってません。
言うことコロコロ変わる。
そのくせリフレ派を攻撃する。

これが記事です。
あん⁉️
笑わすんじゃねえよ❗️
甘えてんのはどっちだ‼️
その腐ったポンコツな脳味噌フル回転で考えろ‼️
クソ馬鹿タレが💢
日本経済新聞などは、安倍晋三首相が10月の消費税率10%引き上げを決定し、噂される今夏の衆参同日選挙は回避の方向で動いていると観測記事を出した。だが
リフレ派はMMTは粗いという立場で財務省の反緊縮叩きに利用されると。

>
昨今の年金騒動は財務省の罠ですよね
年金という安倍政権のトラウマをつついて消費増税凍結を問う衆・参同日選挙を阻止するのが目的
はてさてどれだけの人がこれに気付いているのやら🤔
世界的な経済政策論争の焦点が「緊縮政策」か「反緊縮政策」かという対立にあることは、2008年のリーマンショック前後から顕在化していた。
「国民を甘やかすな」異端理論よりもタチが悪い財務官僚の特権意識①
田中秀臣氏らリフレ派の惜しいところは、反緊縮主張が同じMMTを盛大に攻撃してしまうところ。しかし、それも致し方なく、MMTとリフレ派は近いようで全然違ったりする。

リフレ派は「国民社会が豊かだから政府はまだまだ借...
「トンデモな人たちによる最悪のトンデモ理論、それは財務省の緊縮路線である。この財務省のトンデモな驕りを決して甘やかしてはならない。」 / “「国民を甘やかすな」異端理論よりもタチが悪い財務官僚の特権意識”
財務官僚と中国共産党、共通点がたくさんあるよね。
実質憲法より上にいる存在、国民は選挙でコントロールできない存在、汚職にまみれている。
国民のために存在してるということを忘れてるんだろか?
拡散お願いします!
以上

記事本文: 「国民を甘やかすな」異端理論よりもタチが悪い財務官僚の特権意識

関連記事