TOP > ネタ・話題 > 松原仁手記「民主党政権は誰にとって一番の悪夢だったか」

松原仁手記「民主党政権は誰にとって一番の悪夢だったか」

24コメント 登録日時:2019-03-29 11:43 | iRONNAキャッシュ

松原仁 われわれ日本国の政治家の使命は、与野党の別なく、今も続くこの「忖度政治」と「不平等な対米関係」という悪夢から、この国を目覚めさせることであると申し上げたい。 歪な日米の友好関係...

ツイッターのコメント(24)

こういう人に国会議員として国政に参加させたらダメになる典型的な一例。

八ッ場ダム中止や事業仕分けを称賛している時点で反省の色もなく失格。
国民にとってに決まってるだろ!まだこの人こんな事を言っているのか
→われわれ日本国の政治家の使命は、与野党の別なく、今も続くこの「忖度政治」と「不平等な対米関係」という悪夢から、この国を目覚めさせることであると申し上げたい。
松原仁もダメだな。まるで自分達には責任がないみたいな物言い。そして未だに自分達で証明できなかった森友学園問題と加計の話を持ち出す。
誰にとって悪夢だったか?日本国と日本国民に決まってんだろ。いい加減能無しは退場しろ。
ひどいなこれ。/
いや、自民党と米国政府だけじゃなく”日本”国民も加えてくれよ
反米独立。そこまで言って、何故改憲には反対するのか?
不慣れな初心と言ってる間は政権にはつけない。
マスコミや政治関係の人なら即座にわかる話だ。研究機関はなんと言ってたか?
話にならんな。
① それは裏切りの貴方でしょう!
民主党政権を悪夢だと受け止めたのは一般庶民だよ
ぽかーん…
お、おう…
“われわれ日本国の政治家の使命は、与野党の別なく、今も続くこの「忖度政治」と「不平等な対米関係」という悪夢から、この国を目覚めさせることであると申し上げたい。”
全然反省ってもんがねぇなこりゃ
所詮保守寄せパンダのひとりでしかないのか
論ずるまでも無い。
民主党政権は、日本国民にとっての悪夢でした。
いや、「悪夢」ではなく「現実」です。
民主党政権は、日本国民にとっての「地獄」でした。
これは未だに事業仕分けの何が悪かったか分かってないだろ…
何で国民の税金の使い道が、官僚のやる気やディベート能力によって決められなきゃならんのだ?
本当は、何の能力も政策もビジョンもないのにも関わらず、政権を任されてしまった民主党自体にとって悪夢だったのでは。それに巻き込まれた国民は犠牲者だった。
松原仁「民主党政権は誰にとって一番の悪夢だったか」
>長期政権を手放した自民党、日本に対する強大な権力を行使する環境にあった米国

ほぼ全ての有権者が悪夢を見せられたと認識してる訳で「我らは我らの敵にとっての悪夢」なとど煽ってるとますます有権者に恨まれんぞ。
ファーww
正 反 対 w

▼森友・加計問題に見られるフェアでない官僚の忖度(そんたく)や、自衛隊の日報問題、賃金に関する統計不正問題など、民主的とは正反対の問題
民主党軍団の中では、比較的まともと思っていた政治家だったのですが。所詮は民主党。「忖度」を受けているのは与党だけではあるまいに。
( ´・ω・)文科省汚職事件を初めとして、民主党政権から続く「悪事」が続々と明らかになってるだけだけどなw
“与野党の別なく、今も続くこの「忖度政治」と「不平等な対米関係」という悪夢から、この国を目覚めさせることであると申し上げたい。”
松原氏は「民主に政権を取られた自民」「民主なんかを相手にしなければならなくなったアメリカ」にとって悪夢だと言ってるんだけど、「民主に期待して票を入れたのに期待外れカマされた有権者」を忘れすぎ。
① 松原さんにしてこの認識とはガッカリ、だから国政選挙5連敗するんだ。今の野党丸ごと滅んでもらうしかない。
以上

記事本文: 松原仁手記「民主党政権は誰にとって一番の悪夢だったか」

関連記事