TOP > ネタ・話題・トピック > iRONNA > 小西寛子告発手記...

小西寛子告発手記「私が見た声優業界の伏魔殿、全部書きます」

55コメント 登録日時:2019-02-11 08:50 | iRONNAキャッシュ

小西寛子 このアニメ産業の変遷に乗じて、声優のプロダクションや養成所、専門学校などが乱立し、大人をターゲットにしたアニメ・声優産業は一大サブカルチャービジネスとして成功した。しかしながら、その成功の礎には最初に述べた「大きな伏魔殿」が隠されているのである。 「自分で営業しないと」 混浴露天風呂から声が 努力よりアピール 携帯電話で頭を殴られて...

Twitterのコメント(55)

参考になる。いろいろ繋がってくる。
もうイタい人やん…そんな事して何の得になるのか…俺は一生理解出来ない。理解したくもない。
@kibiruu 元祖おじゃる丸声優 小西寛子 告発手記
「私が見た声優業界の伏魔殿、全部書きます」
声優皆が皆こんな経験してはないだろうけど、事務所や仕事で関わる人で変なのに当たると地獄なんやろな…😨
声優に限らずなんやろうけど…いわゆる“業界”ってこわーい(´;ω;`)
私の好きな声優さんも、ヤラれてんだろうか。
声優界はそれほど汚れてないだろうとかいうのは幻想だったらしい
がんばれおじゃる丸(๑•̀ㅁ•́๑)✧
芸能界より光が当たらない分
余計に濃い闇があるのかも
アニメ監督のA氏ってあるけど、どう見てもあの人だし、そういや以前小西さんがTwitterでちょいちょい話出してた人何人かいたなぁ…事務所とか声優さんの名前とか。
事実もあるんだろうが、所属していた事務所が悪かったんじゃないかなー。特に田辺エージェンシーの辺り。
業界から急に消えた人だけに、昨今の活動はいろんな意味で感慨深いものがある。
自制心が無い奴が権力持つと、ロクな事が無いよね…いずれひとつの業界をも腐らせてしまう(´;ω;`)
役者志望がみずからを「河原乞食」のように物乞いすることで役者そのものの尊厳が貶められて伏魔殿ができる。というカラクリはそのとおりだと思う。

( )
おっ声優業か裏側について -
まあ予想通りなんだけど、訴訟はどうなったの?
これこそが本当の だろうに。芸能営業の闇だよ。
ひどいな、声優業界も。
今もこんな感じならどん引き(笑)
流石にないやろー??🙄🙄🙄

あったら、告発してドゾ😁
芸能界の闇は嫌いだが、その原点にある
"良きに計らってくれる者に褒美を取らす"
=【上司へのイエスマン(手段を選ばない)が出世する】
っていう環境に問題ある。↑この仕組み自体、おかしいよね
声優業界というか、芸能界はみな同じだろう。業界関係者は否定するかもしれないが。スポーツ界とかも、同じじゃないか。汚い世界で、夢はない。
後で読もぅっと →
闇が深い/
「都市の舞台俳優たち」という本で稼げない姿が記された舞台俳優達。彼らのバイトから始まった声優業は、やはり「声優魂」という本で稼げない姿が記されている。貧困とモラルは両立しないと知ってるので、驚かないよ / “小西寛子告発手記「私が見た声優業界の伏魔殿、全部…”
吊し上げりゃいいよ。業界にとってプラスにならないんだから。何が悲しくて親は金出して専門学校や養成所行かせてろくでもない奴に抱かれに行けというかね?今の時代それやったら潰すよ?と言わなきゃいけない。 / “小西寛子告発手記「私が見た声優業界の伏魔殿、全部書き…”
夢も希望もありゃしないなぁ……(-_-;)
この方が活躍してた時期をWikipediaで見てみると…1996年ごろ〜2000年ごろ(あっ察し) /
で、社長はたぶん松田氏として、その作品はおじゃる丸? まほTai?(知りたいね、誰だか)
声優志望の人は一度は読むべき手記。
俺もまた後で読み直そう。
(´・ω・`)んー。伏魔殿の攻略かぁ〜。

1つ目は{ "The revenge"
2つ目は "Nexst generation"
}ってな所だろうねぇ〜。
例え"Me too"に集まれと唄ってもこの{2つ}のは全く異なるしねぇ〜。

-
この記事が全て真実なら昔の声優業界は枕だらけだったんだろうなぁ
今もそうかもしれん
小西さん、本当に強い方だと思います。
今までほとんど知る事がなかった声優業界の闇をかいま見た気がする(゜-゜)
まあ…こういう世界なんでしょうね…
NHKや声優業界って大変なんだな。いまもこうでなきゃいいが。
えげつねぇ…
小西寛子告発手記「私が見た 業界の伏魔殿、全部書きます」

おじゃる丸の人か。
しかし気持ち悪いおっさんおるんやな。
②不倫関係にあったことを突き止め、過去にドメスティック・バイオレンス(DV)を受けていたことなどと合わせ、裁判を経て離婚した。彼女は今、成長期の子供たちを連れ、たった一人で育児と仕事に追われている。 声優の小西寛子さんの記事です。声優業界も、闇が深そうだな…。
いわゆる ”声優業界“ が良い方向へ変われるチャンスかと…
多分、次は無いんじゃないかな…

…立場的にはミキサーだけど、そう思います
ガチで犯罪被害じゃねーか。 /
「なんで○○(某人気女性声優)に仕事がくるのか教えてやろうか?」「役者は河原乞食の世界なんだよ」
枕があるのは演歌と声優だけ、ってよく聞きますものね。
声優業界だけでなく、芸能界の一部分であろうね。
放送業界もどこも
広河隆一みたいなパワハラ野郎がのさばる世界
河原・・・って今時、おいおいw
いまなんかもっと「使い捨て」の時代だものなあ……。 /
「部相応の扱い」と言っていれば片付くと思ってるんだろうな、事務所側は。
いくら声優の世界がフィーチャーされていてもまだまだ闇が深いところが多々あるんだな。
小西寛子さんが新たな手記を公開されたそうです。
将来声優になりたい方、現在声優として活動されている方、それ以外の方も、どうかご覧になってください。
<新着記事>

→ ようやく旅館に到着し、最初に目に飛び込んだのが「混浴露天風呂」の看板だった。
大変ですなあ。厳しいことを言うかもしれないが自分の望む環境を手に入れたいならリスクを犯さないとならない。どんなリスクかはその人の判断ですね。
声優業界だけではないかもしれませんが 、と人権を真面目に考えて欲しいと思い、書かせていただきました。拙文ですがよろしくお願いします
おお、嫌だ嫌だ
以上

記事本文: 小西寛子告発手記「私が見た声優業界の伏魔殿、全部書きます」

関連記事