TOP > ネタ・話題 > 世田谷区長手記、ふるさと納税「東京富裕論」にモノ申す

世田谷区長手記、ふるさと納税「東京富裕論」にモノ申す

15コメント 2018-10-29 21:18  iRONNA

保坂展人 「ふるさと納税」は、税源流出に悩む世田谷区にとって、頭の痛い問題です。2017年には、世田谷区民約5万7千人から合計109億円のふるさと納税がありました。2018年度の税収減の影響は41億円...

ツイッターのコメント(15)

@hosakanobuto 保坂区長は返礼品競争を否定してて、寄付文化を根付かせる事は否定していない。

>現在の「返礼品競争」の多くは、寄付文化を逸脱してはいないでしょうか。ふるさと納税にも、本来の趣旨を踏まえた税制としての「限度」や「節度」があってしかるべきだと主張しているのです。
@Kaoru_9021 世田谷区も困っているようですね。
社民党幹部の区長
現在の「返礼品競争」の多くは、寄付文化を逸脱してはいないでしょうか。ふるさと納税にも、本来の趣旨を踏まえた税制としての「限度」や「節度」があってしかるべきだと主張しているのです。
さてと、みなさん、どう思いますか?
世田谷区保坂展人区長の意見など、何の参考にもならない❗
自民党地盤ゆえインフラ整備を嫌い、効果のないグリーンインフラを導入→ゲリラ豪雨時には慢性的な冠水💢
<新着記事>

⇒「世田谷区は、返礼品のクオリティーをあげて勝負に出るべきだ。早く返礼品競争に参戦して、税源を取り戻さないのは区長の怠慢だ」というご批判も数年前からいただいています。
この人、国政の時は大嫌いだったこれど、世田谷区長になってからはとても評価している。首長のほうが向いていたのかな。結局国政なんて党議拘束要員だものね。
無策中の無策中が招いた結果がこれだ。自然エネルギーとかポートランドとかぬかして場合じゃないだろ。
ヘイト条例を制定して、治安を犠牲に外国人の誘致を進めてきた区長ですが、ふるさと納税が財政への影響なんですかね
「ふるさと納税による住民税減収額の75%が地方交付税で補填されることはあまり知られていません」

「東京23区と川崎市は地方交付税の不交付団体であるため、75%の地方交付税による補填はありません」
この制度おかしいだろと思いつつ、使わないと損だから仕方なくふるさと納税してるわ
高尚なこと言わず、返礼品並べてみたら良いのに。
近い将来、150億円をはるかに超える税収減が確定的になれば、学校改築や道路整備を止めたり、災害対策のための土木や公園などの整備に支障をきたします。また、高齢者施設や福祉サービスへの影響のみならず、
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR