iPhone14向け「A16」は3nmプロセスで製造、TSMCが受注決定~日経報道 - iPhone Mania

11コメント 2022-01-14 13:50 iPhone Mania

  2022年秋の発売が見込まれる「iPhone14」に搭載される「A16」プロセッサは、台湾TSMCが3nm(ナノメートル)プロセスで製造することが決まった、と日本経済新聞が報じています。...

ツイッターのコメント(11)

iPhoneは神。
でもLightning端子は消せ。
先日のASMLサプライヤー事故でEUV露光機の供給がどうなるかが気になるが、Intelに続いてApple...TSMCの躍進が止まらない。
これが本当ならば JSR のメタルレジストの導入、もしくはEUVレジストの売上向上があるので JSRの株価上昇の期待
Intelが演算処理だけじゃなく半導体技術の最先端だって時代はとうに過ぎたのかな。2nmも見えてるって差が付きすぎてる・・
「台湾有事」なんて、Appleがいちばん望まないわな。
---
(・∀・)おそらくは、M2プロセッサは、A16ベースになるだろうから、またまた、色々とすごいことになりそうですね。
となると、製造数が追いつかないであろうA16をiPhone 14 Proに搭載、足りない分をA15でiPhone 14搭載継続となるのは納得してしまう。
iPhone14向けA16チップは3nmプロセス!受注はtsmcに決定した!
更には2nmの製造新工場建設もあるが売上高は2021年10月〜12月期の決算発表を行い、売上高、利益ともに四半期として過去最高となった!
その2割強がiPhone向けだ😆
マジか。もう量産化の目処ついたのか。M2は4nmらしいが。
おー 3 nm 間に合わせるんだ
以上
 
PR
PR