TOP > IT・テクノロジー > Apple、来年末にもiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了か - iPhone Mania

Apple、来年末にもiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了か - iPhone Mania

124コメント 2017-12-10 10:56 | iPhone Maniaキャッシュ

  Appleが、iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了し、Apple Musicでのストリーミングに完全移行すると、音楽業界の動向に詳しい米メディアDigital Music News(DMN)が複数の関係者からの情報をもとに報じています。 iTunes Storeでの音楽DL販売...

ツイッターのコメント(124)

@kyuwa55 とりあえずiTunes Storeの全部買っておいた方がいいと思いますよ。DVDも出るといいですけどね。
こんなニュースもあったので。
@mdhmlove
iTunesではなくなるっぽい
@yuttin624 おおー!良かったです。今はApple製品を全く使ってないのでApple界隈に全然詳しくないのですが、この噂が関連しているのかな?と思いましたですw
Apple Musicになるっすか~

Appleの計画に詳しい人物によると、ユーザーがiTunesでダウンロード購入したコンテンツは、Apple Musicに移行される、とのことです。
まだ与太話か
2018年末!?
ストリーミングじゃDJできないよう…
やっぱ2020年の5G回線に期待って感じだなぁ。ネットの時代ですなぁ。
強力な公共wi-fiがあるならまだしも、ネット環境ありきのサービスってまだ早い感じがしない?
iPhoneを買い換えさせる為にOSにトラップを仕込んだApple、Apple Musicに誘導したいが為にダウンロード販売を殺す、か。そうそう思い通りに行くかねぇ?
え?このせい?
ということは、このあと出る曲はCDを買わないと電波やwi-fiがないところでは聞けなくなるってことか。
音楽業界がまた変わるのかな
CDからiPodやウォークマンに変わったように
いやいやいやいや勘弁してよ
Appleも苦しんでるねー => - iPhone Mania
Spotify?ってそんなに凄いのね
ストリーミング、パケット通信を外でしたくないから結局DLしちゃうんだよなぁ(^^;
“iTunes Storeでの音楽DL販売終了、計画を前倒しか”

そうか、ストリーミングの時代か…
ぎゃ!今、知った。全部、ストリーミングになるんだ。音楽を所有しない時代になるんだね。ヒットって生まれなくなるのかな・・・
メモ:ストリーミングでトップを走るSpotifyは、6,000万人以上の有料会員を持ち、後発のApple Musicの有料会員は3,000万人を超えた程度にとどまっている
困る~・・・手元に置いておきたいって言う古い脳みそだから・・・。
日本だと逆にTSUTAYAの株が上がりそうな予感がする。
やっぱ現物(CD)だな。
「来年末にはiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了し、Apple Musicでのストリーミングに完全移行する」という記事をみました。時代はストリーミングに変わってきていますね。
ストリーミング移行で通信費が。
B’zさんもはやくストリーミングに対応してくだはい(懇願)
Google Home買ったのに合わせてGoogle Play Musicに移行した //
なんでも定額制の時代か。  ///
コレが本当ならば非常に悲しい事だ(´;ω;`)
一定の曲しか聞かないからストリーミング化はやだなぁ
こまった。めちゃ使ってるのに。
オフラインでは鳴らせなくなるのかな。
えー、そうなの⁉️
全部ストリーミングに移行するの?
これまでの自分のiTunesライブラリがちゃんと残ってくれるならいいんだけど。
ストリーミングにはなかなか慣れないわ😅
CD買うタイプだから好きなアーティストの場合はいいけど、「アルバムの中から一部だけ買いたい」みたいなことが出来なくなるのはキツイかも…
えええなにこれめっちゃいい未来が待ってるじゃん。前倒し賛成!ストリーミングで十分。ダウンロード販売なくていいに一票。 えぬんが配信増やさないためにいち早く廃止して()
結局、ストリーミングでオリコンチャートを作る事になるのか。間抜けだな
えー。結構ダウンロードで買ってるのに。ストリーミングって家とかWi-fiあれば良いけど4Gだと厳しくないのかね。→ ダウンロード
Apple Musicでのストリーミングに完全移行する
これはまずい
これ本当だったらとんでもないなぁ
電波が入りにくい場所で音楽を聴くことの多い私のような者はどうすれば
もっと見る (残り約74件)
 

いま話題のニュース

PR