TOP > IT・テクノロジー > 話者数と比べてネットでの利用率が高い言語は英語、ではその逆は? 意外な結果が話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

話者数と比べてネットでの利用率が高い言語は英語、ではその逆は? 意外な結果が話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

5コメント 2021-03-29 12:23  INTERNET Watch

 インターネット上で使われている言語のシェアと、実際の話者数とのズレの大きさを調べた調査が、興味深いと話題になっている。

ツイッターのコメント(5)

英語は話者数よりもネットでのシェアが大きいけど、中国語は話者数の割にネットでのシェアが低い、と。
中国語話者は発信のときに英語でやりがちみたいな話があるとは思うけど、中国語話者が使ってる中国のサイトに研究者がたどりつきづらかったみたいな話は ないんだろうか
現代普通話は事実上共通語だから、共通語としての英語と同じだろうと思う。

---話者数と比べてネットでの利用率が高い言語は英語、ではその逆は? 意外な結果が話題に
中国語使われてないってのは意外だわ。

話者数と比べてネットでの利用率が高い言語は英語、ではその逆は? 意外な結果が話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch
「自由主義経済圏において」がぬけてる
これは肌感とも一致だなぁ。英語はマイナー言語話者も共通語として使ってる訳だし。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR