TOP > IT・テクノロジー > バナー広告を閉じるための「×」ボタン、反応エリアはさらに狭いという検証結果が話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

バナー広告を閉じるための「×」ボタン、反応エリアはさらに狭いという検証結果が話題に【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

10コメント 2018-12-26 08:03  INTERNET Watch

 バナー広告を閉じるための、極小の「×」ボタンがきちんと動作しているのか、当たり判定の検証を行ったエントリが話題だ。

ツイッターのコメント(10)

なんだとー。こういうのイヤだー。→
そんな気はしてたけど実際そうなのかい そもそもボタンが小さすぎるのも問題
×ボタンに誤認するデザインが広告の一部になってるような事例、もうあるんだろうな
広告を誤タップ・誤クリックさせる以外に「無料コンテンツで儲ける」方法って存在しないからね、しょうがないね

興味を持ってクリックする人なんて10万PVに1回くらいだと思う。また出稿者も「むしろクリックしないでほしい」という戦略で出しててねぇ…
バナー広告を閉じるための「×」ボタン、反応エリアはさらに狭いという検証結果が話題に

>ボタンの半径が21.5pxあるのに対して、タッチできる範囲はそれよりも狭い15px以内ということで、ただでさえ小さい上に反応しにくいよう実装されている事実が明らかに

ほんと屑だな
イヤな検証結果だw:
閉じようとしてタップ判定されちゃう広告あるなー、とは思っていたけど。 / “ Watch”
この記事の下部フローティングバーのツイートボタン押したら重なってた広告ページに飛んだ…/
判定範囲が狭い気がしてましたがその通りでしたか
悪質そうな内容の広告ほど消しにくい傾向にありますよね
シューター的には、当たり判定が小さいのは常識と考えるわけで /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR