TOP > IT・テクノロジー > 「対応する英語表現が皆無」……積読(TSUNDOKU)という日本発の単語が世界に拡散中【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

「対応する英語表現が皆無」……積読(TSUNDOKU)という日本発の単語が世界に拡散中【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

23コメント 2018-08-07 08:06 | INTERNET Watchキャッシュ

 積読(TSUNDOKU)という単語が、いま海外で広まりを見せている。対応する英語表現がないことが理由で、世界共通語となるのも目前といった状況だ。...

ツイッターのコメント(23)

積ん読は日本だけの固有の文化だった…(`・д´・ ;)…?
積ん読に対して、並べ読(ならべとく)という言葉が使われていることも見たことがあります。しかも割と大御所が。知ってた?
積読って日本特有の文化なのか、、、/
海外にだって積読する人いるし、現地に合う単語があると思うんだけど?
それか日本人は色々な事象を造語するのが好きって事?
《積読(TSUNDOKU)という単語が、いま海外で広まりを見せている。対応する英語表現がないことが理由で、世界共通語となるのも目前といった状況だ。》
「対応する英語表現が皆無」積読(TSUNDOKU)という日本発の単語が世界に拡散中
曰く:bibliomaniaが近いけど、違う。2014年から英語版Wikipediaに項目があるけど、先日BBCで取り上げられてGoogleの検索も増えている。
biblio(本の)+maniaと「積読」とは違うね。
積みゲー、も広がりませんかね /
世界共通語になった日本語どんどん増えるねぇ
「積ん読(つんどく)」がTSUNDOKUでそのまま英語になるってすごいなw 海外ではあまり積ん読してる人は確かにいないな…読書量が違うのかな?Kindleで積ん読してる人をTsundleと呼ぶ日も近いかもしれない。
book が spool されてるだけやん? …と思うも、spoolしても消化されない…気が…する……(消化する気はあるけど //
消費しないコンテンツを買う奴の気が知れない。読まないなら買わなきゃいいし、買ったら読めよ。訳分からん / - INT…”
「対応する英語表現が皆無」……積読(TSUNDOKU)という日本発の単語がBBCニュースで世界に拡散中 
積読(Tsundoku)とは、本が読まれずに積んだままになっている状態さす日本語【やじうまWatch】 -
買って棚に積んで一向に組まないプラモデル(積みプラ)や、Amazonprimeビデオ・Hull・Netflixのお気に入りリストに登録したまま見ないアニメ・映画と同じですね。
やじうまWatch:積読(TSUNDOKU)という日本発の単語が世界に拡散中
いずれこうなる? とは言われてた。時は来たれり、ってか。
概念としては世界共通だろうけど、その概念をひとことで表す名前が日本で生まれ定着したというのはなかなか興味深い現象。/
嗚呼、steamな。 /
耳が痛いです…(笑)>
自分もぼのぼのがTsundります。 /
積ん読が国際語になるそうな。
>
steamなどでゲームを購入するだけして消化できないという文化は各国共通らしいという話を聞いているので、積読に相当する概念は海外の方にも理解はたやすいと思う。ただ、そんな状態を表現などしなかったというだけで / “「対応する英語…”
今どき、積読するくらい本を買っている人は少ないのではないかな。 -
「対応する英語表現が皆無」……積読(TSUNDOKU)という日本発の単語が世界に拡散中
 
本を買ったまま読まないで放置してるようなおバカが居なかったからそういう言葉がなかったのかね? 
概念的には通じるの?
ゆうきまさみ氏にまで言及してる……。 /
以上
 

いま話題のニュース

PR