TOP > IT・テクノロジー > 機材と工夫で記者発表会が激変! 「鮮明すぎる映像」の配信環境についてIIJに聞いた スタッフが「ちょっと本気出した」結果…… - INTERNET Watch

機材と工夫で記者発表会が激変! 「鮮明すぎる映像」の配信環境についてIIJに聞いた スタッフが「ちょっと本気出した」結果…… - INTERNET Watch

18コメント 2020-11-13 06:25  INTERNET Watch

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が、個人向けのMVNO型通信サービス「IIJmio」で、従量制の新プラン「IIJmioモバイルプラスサービス 従量制プラン」に関する記者発表会をオンライ...

ツイッターのコメント(18)

〈明瞭度の良い音声機材を用意するのは動画環境を上げるよりも低コストで済むのでお勧めだ〉
IIJ(通称川社)は機材のクオリティとノウハウが別格過ぎる。コロナ前まではテック系勉強会などの会場によく使われていました。
友人からポインタ。勉強になるなあ。
web配信なんてしょっちゅうある訳じゃないから、メンバーは寄せ集めでもいいのかもしれない。
こういうことができるかできないか、というのはちょっと見ではわからない。さすが IIJ だと改めて実感する話。
こういうインフラとノウハウをパッケージで即提供出来るとこが全部掻っ攫っていくんだろうか -
“Zoomの「第2カメラのコンテンツ」として取り込んでいる”  これは試してみないと…
「Zoom用PCの上には「RME ADI-2 Pro」があった。IIJは2017年にベルリンフィル演奏会をDSD 11.2MHzライブストリーミングを行ったが、そのとき使用した機材だったのだろうか?」
技術勉強会のオンライン中継でも毎回協力してもらっている配信環境が記事として取り上げられました。
機材はもちろん記事中にも出てくる「映像配信チーム」のメンバーがものすごく頼りになるのです。
弊社も似た業務やってるので参考になりますなー。
> 映像配信チームは特定の部署で運営しているのではなく、必要に応じて召集されるという

あ、そうなんですね
工夫ってレベルじゃなくてガチの機材構成やんけw
Zoomの画質不足は努力不足ってことか…これからの企業広報の人は必見の記事かも。
IIJの記者会見の裏側を取材していただきました。「ちょっと本気出した」って(笑)。

「鮮明すぎる映像」の配信環境についてIIJに聞いた(INTERNET Watch)
ちょっとどころじゃない本気度。このくらい投資できるようになりたい。
やっぱりあの人だった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR