TOP > IT・テクノロジー > 話題の「NFTアート」を実際に購入!世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」を使ってみた - INTERNET Watch

話題の「NFTアート」を実際に購入!世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」を使ってみた - INTERNET Watch

13コメント 2021-04-09 10:47  INTERNET Watch

 乗るしかない、このビッグウェーブに!と、今話題のNFTアートを購入してみました。

ツイッターのコメント(13)

最近話題のNFTアート。そもそもなにそれ?って話と買い方について🐶
ふむふむ。仮想通貨的なの使うのか
今朝NHKで見たけどいまいちようわからんせかいだった。。
ニュースで初めて知ったけど面白い話やねぇ。自己満足の世界なんだけど、価値ってのは結局のところこういう精神的なところから来ている気がするし。
Twitterでアートを投稿している人にとってはバズることが全てでお金が貰えないから、
Twitterに投稿しつNFT限定の絵画をネット上で売ったりしたら、リアルで個展しないアーティストとか面白いしお金になるかもネ。
NFT アート市場の未来を感じますね。
NFTの実例。「電脳作品を買い、所有者になった証明たるNFT」だけだとコピーが氾濫する今日の電脳社会ではメリットは低く、実在リアルアイテムと結びつくと良さそう。例えば不動産とNFTが結びつけば地面師を駆逐できるかも知れない。
どうも「デジタルアートの所有権をNFTで売買」がしっくりこない。自分が所有してるNFTはこのデジタルアートとリンクしてるってことと絵の所有権が自分にあるってことは別のことでそれが結びつくには社会的コンセンサスが必要だよね(・_・;
話題の「NFTアート」を実際に購入!
【朗報】
が買えるマケプレは、OpenSeaとWAX。村上隆やせきぐちあいみ作品のオークションに参加できるのは前者。🌊🏄
メモ

例えばアバターのデータに「所有権」を埋め込んで希少性やオリジナルであることを担保することによって、アバター作成者や利用者の価値向上に繋がるのではないかな
現在の正当な所有者が誰かということを誰でも見れる状態であれば、色々便利そうではある
NFTでの取引の一連の流れがわかりやすい
仮想通貨の新たな使われ方だな。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR