「基本情報技術者試験」「情報セキュリティマネジメント試験」が通年化、2023年4月より - INTERNET Watch

26コメント 2022-05-09 12:40|INTERNET Watch

ツイッターのコメント(26)

来年からの試験方式が変わるタイミングで問題の傾向や難易度が変わると過去問とかで勉強しにくいから情報セキュリティマネジメント試験は今年取った。
エンジニア・プログラマーを目指すみなさんへ




▼これまで
・年2回の実施

▼2023年4月〜
・通年実施
・都合の良い日時を選択可能
・年間の受験可能回数の増加
・試験時間の短縮
基本情報技術者試験が来年から大幅に変わることを今知って呆然としている。
通年化はいいけど、午後のストラテジ系も表計算も選択できなくなるのか…。
IPAが文系出身者に更なる試練を与えてきてるな💦
‼️

> 問題のコンパクト化や出題数の変更によって、試験時間を約30~40%短縮する
システム開発の現場で働いているが、一度も受けた事がない。

登竜門だったのか・・・

どおりでオイラって・・・
これは良い事だと思います!

出題形式や範囲にも変更あり
楽になりますなー。
ほー、通年化かー
受けやすくなるのはうらやましいね
今はどうか知らないが20年程前は会場入口で学習塾みたいな所が「落ちろ落ちろ」と言わんばかりにパンフ配ってて殺意感じてた。問題持帰り禁止だったし問題集の回答が出版社毎に違ったりしてかなりカオスだった思い出。一定の割合しか合格させないシステムだったな昔は。
>さらに、個別プログラム(C言語・Java・Python・アセンブラ言語・表計算ソフト)による出題が変更となり、普遍的・本質的なプログラミング的思考を問う疑似言語による出題に統一される CASLみたいなの?
CBT化すんねやな
通年化はやる気出るw
SIになるつもりはないがw
通年実施はめっちゃいいのでは?
データ構造、アルゴリズム、セキュリティ、そしてあのクソ(失礼)擬似言語に絞るのもよいのでは?
これは…朗報?
いつでも受けれるまじか
変わるんだよな〜より短時間で問題解かないと行けなくなったのはきつい
記事の中に「IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づく方式に変更する」ってあるけど昔はIRTだったような...。あとはやっぱり午後が疑似言語になるとこだな。インパクト大きいと思うよ。
通年になるのかー、通年にした方がいいっつうねんと常々思ってたっつうねん

この流れで他の試験も通年にしてほしいっつうねん
_(:3」∠)_
GW中日にわざわざ休みとって受けたのに通年化してナイタ
SGもとろっかな応用受ける前に
基本情報の午後試験が、余りに変わって驚愕😳
現行の試験制度と難易度が大きく変わらないか、応用情報にも変化があるのか、
色々気になるところ…💦
Python勉強してた人涙目になるやん……
80問→60問ってことは、適当にやって午前に受かる可能性が下がるのか
出題形式や範囲にも変更あり
以上
 
PR
PR