TOP > IT・テクノロジー > Google スプレッドシートはExcelのGoogle版ではなく“情報共有のインフラ” - INTERNET Watch

Google スプレッドシートはExcelのGoogle版ではなく“情報共有のインフラ” - INTERNET Watch

56コメント 2021-03-25 07:07  INTERNET Watch

 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社(Google Cloud Japan)が16日、「Google Workspace」の活用事例を紹介するプレスセミナーを開催。敷島製パン株式会社(Pasco)、...

ツイッターのコメント(56)

わかる。
「ファイルサーバーはすぐさまやめよう」というメッセージでした!/
紙業務のシステム化は無駄、マジわかる。>正しいステップとして「STEP 1:仕事をオンライン上でするようにする」「STEP 2:オンライン上でやっている仕事をオートメーション化する」 /
色々とわかり味が深い。
これは、 導入や利用についても言える。
ホント、つまらん理由つけて使わせなかったり、拡張機能も使えないダメな一部上場企業多いよね。
腑に落ちた
IT企業じゃなければこの認識なのかというお気持ち
(スプレッドシートはドキュメンテーションサービスではなく表計算サービス)
て言うけど、Googleスプレッドシートまだまだ使いにくいんだわ。
社内のみならまだしも、社外共有とか、印刷とかいろいろ面倒なんよなー。
私自信 Microsoft製品は使わずGoogleWorkspace
他の方からExcelを頂いた場合はBrowser版で閲覧する程度(マクロ問題)

社内はZohoでインフラ化していて、Spreadsheetやドキュメント 全社的にはまだまだ
スプレッドシートを使い始めてから、「ExcelのGoogle版ではなく“情報共有のインフラ”】という感覚がわかりましたね。
わかる。URLですぐ開けるし、複数人同時編集も便利だし、変更履歴も残る。
ファイルサーバーはすぐさまやめよう

いやそれ、結局Googleがファイルサーバ代わりになってるやん
良記事。
いくら言ってもエクセルな人は存在するんですよw
「古い会社でも変われる、という話をしたい」
コープさっぽろの担当者が語ったDXのあるべき姿と実践事例

✅紙業務をまず「オンライン化」
✅事前にリンクを送り、互いのドキュメントを見ながら作成
✅会議は口頭とリアルタイムドキュメンテーションの2つのチャンネルで進行
これは共感しかない素晴らしい事例発表。さすが我らが長谷川さん、言いたいことを鋭く分かりやすく伝えてくれていて、 Workspace をもっと日本に広めて行かねばという気持ちになる良記事。 / Google スプレッドシートはExcelのGoogle版ではなく“情報共有のインフラ”
これ、分かってない人多い>
おもしろい
「システム化ではなく業務のオンライン化」はその通り。事業会社の大半はシステム化に注力するあまり、「業務のオンライン化」に移行できない。インターフェースを変えずにシステム化したがる企業が大半。それがそもそも間違い。
DXの概念について
思っていたと事と違うことがあったりしたので、個人的には知見が深まりました。
IT革命の次にあたる「DX」は、エクセルのスプレッドシート化。

「“なんとかシステム”よりまず、90%のところをデジタル化していくことで、生産性向上につながる」

/
Scrapbox的な使い方だ!
ドライブのファイルは検索、ではなくリンクで、という考え方も素敵!

例えば、長谷川氏は、Google ドキュメントで資料をこれから書くというときからリンクを送って、相手と互いのドキュメントを横目で見ながら自分のドキュメントを作るという。
ここ
うちの職場でもっとすすめよう
無駄なのが多過ぎなんだよな
紙だとゴチャゴチャするしさ
今の会社入ってからGoogleメインでやってるけど、本当に不満がない…
たまにMicrosoft Office使うと辛い気持ちになる
おお。コレだよこれ
素晴らしい
kintoneとどっちがいいのかな。どっちもいいところがあるというのはあるのだろうけど。excelはcsv->excelでよく使うけどutf-8問題があってBOMつけるかどうかみたいなヤツをMicrosoftはどうか早く解決してほしい |
どんなにオンラインで共同編集できる仕組みを作っても「最新版を自サーバーに置いておくので更新するたびに連絡ください」と言われたので諦めたよ
Google依存する前提ならこの考えの通りよね
DXってこれなんだよな…、僕らやくいしんのツイートを見てくれてるような多くの人は、ここが当たり前すぎて「DXって何…(これまでもそうだったのでは…)」となっている印象。/
オンラインに置ける作業の価値をきちんと言語化されていてとても勉強になる
こんな感じで仕事がしたいなぁ
会議に紙とか邪魔だよ
もしかしてExcelのGoogle版と解釈しているから、情報漏洩するんかな…。→
筆者は365を知らないのだろうか
スプレットシートは情報共有のインフラとは!納得です。
こんなのか。 に置き換えるだけじゃん。
DXってリモートワークにまだ切り替えできてない企業向けなのか。。。
参考になる。
(。・ω・。)ノ Watc .
世の中、こう書かないと「スプシやTeams上のExcel」と「Dropboxに置いたExcel」の区別がつかない人が多いんだよなー。
これ見て思ったんだけど、実体験として日本企業って使わされてるパソコンがまず低スペック激重環境すぎない??って話、、、
まずここを少し快適にするだけでも
DXについての「紙業務→システム化」というイメージについて、「それでは、例えばA4の紙をそのままシステム化してしまう」として、間違ったものであると主張。正しくは「紙業務→オンライン業務化→自動化」だとした。
うんうん頷いて読んでしまった。
弊社もファイルサーバがいろんな足かせになってて、早くクラウドストレージに移行して欲しい。
Excel業務をDX化するためのSTEP

1. オンラインで仕事をできるようにするためにGoogleスプレッドシートを導入する。

2.オンライン上でやってる仕事を自動化する
コープさっぽろのCIOが語る、DXのステップとGoogle Workspaceでの実践例

良いことを仰る😌
年末頃、へーしゃファイルサーバーの増強をしてたり、最近も社外の人もurlで見られるFTPサーバーがいっぱいだから削除してねってゆーメールが回覧されてたり。ファイルをファイルのまま管理してるのが、ニントモカントモ。
こーゆうことですね。
1つ1つ理解して価値あることを1つ1つ改善すべしっっつ。
ファイルコピーして、新しいバージョン作って修正して、それをメール添付してって…無駄だよね

結局STEP2の人に合わせて仕事するしかない虚しさ

はやくみんながSTEP3にアップデートしますように
コープさっぽろのCIOが語る、DXのステップとGoogle Workspaceでの実践例
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR