TOP > IT・テクノロジー > 複数のNEC製のWi-Fiルーターに脆弱性、生産終了した「Aterm WF800HP」など - INTERNET Watch

複数のNEC製のWi-Fiルーターに脆弱性、生産終了した「Aterm WF800HP」など - INTERNET Watch

22コメント 2021-01-25 12:06  INTERNET Watch

 NECプラットフォームズ株式会社が提供するAtermシリーズの複数の無線LANルーターに脆弱性が存在するとして、同社および脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN(Japan Vulnerability...

ツイッターのコメント(22)

我が家で使ってるルーターだ、そこそこ長く使ってるし、もう生産も終了している製品なんで買い替え時かな
ウチのルータ、Aterm WG2600HP2だな。。(2016/11/15購入)
こういう組み込みの画面系のコードって、共通化が進んでいるイメージなんだけど、どうなんだろう。新しい機種では問題ないということは開発会社側は古い機種向けには問題あるのを把握した上で新しい機種だけ更新して古い機種向けには公開してなかったとか無いのかなぁ。
ここでもそうだけど、ようはルーターが5年ぐらい経つと古いので買い替えるって考え持っといたほうがいい。
下記リンクのNECもエレコムも古くなるから対応が追いつかない。
2013年発売のAterm WF800HPについては、メーカーの対応がないので、買い替えをお勧めします。他の2機種は最新ファームへアップデートを。→
こういうのって、誰がどうやって見つけてどこまで遡って探してるんだろう? 過程が気になる。
脆弱性の影響を受けるのは、生産を終了した以下3製品
WF800HP
・Aterm WG2600HP
WG2600HP2
→なぜ同じ生産終了品なのに、 WF800HPだけ修正ファームウエアが提供されない?

複数のNEC製のWi-Fiルーターに脆弱性、生産終了したAterm WF800HP等-INTERNET Watch
' WF800HP」など''脆弱性の問題を修正したファームウェアが提供されていないAterm WF800HPについては、脆弱性の影響を軽減するために、ウェブサイトにアクセスする際は、'
NEC製のWi-Fi親機(ルーター)使ってる人は、確認を!
“ WF800HP」など”
古い型で対応してくれないとしても、それを明言してくれてるから使う側として対処のしようがあるよね。型番から脆弱性の有無を検索できるともっといいけど。
『 WF800HP」など』
NECプラットフォームズ株式会社が提供するAtermシリーズの複数の無線LANルーターに脆弱性が存在するとして、同社およびJVNが情報を公開した。
対象機種ではないが、しばらくファームアップしていなかったらずきるん置いてけぼりになってた
最新のファームウェア出てこないけどどう対処すんのと思ってたら、古いファームウェアが問題なのね。そこまで第一報か設定画面で情報欲しかった。。。
2013年製なら仕方ない。ルーターもPCと同じで製品寿命5年が目安かな?
おっと
アクセスポイントモードだけれど、アップデートしとこうっと。
肌感覚だけど、ほとんどの人がファームウェアなにそれ?更新なにそれ?状態なんじゃないかしら。
ルーターにしても、他の機器にしても。
ファームウェアも更新しないとだけど、そもそもリプレースを検討せんといかん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR