TOP > IT・テクノロジー > 日本は「自宅で効率的に仕事をするのが難しい」44%、従業員の希望は「ハイブリッドワーク」 - INTERNET Watch

日本は「自宅で効率的に仕事をするのが難しい」44%、従業員の希望は「ハイブリッドワーク」 - INTERNET Watch

11コメント 2020-10-23 14:11  INTERNET Watch

 SaaS(Software as a Services)による業務ツールを提供する豪Atlassian(アトラシアン)が22日、オンライン記者会見を開催し、5カ国でリモートワークに関する実態を調査し...

ツイッターのコメント(11)

日本では「自宅で効率的に仕事をするのが難しい」44%、従業員の希望は「ハイブリッドワーク」
やっぱりバランスがいい働き方は完全在宅ではなく、「ハイブリッドワーク」みたいですね!
・デバイス
・通信
・LINEグループ
・ZOOM
・共通カレンダー
・子供を任せる環境
・慣れ

最低限、この辺があれば在宅勤務もなんとかなるはず。
僕なんて、子供が騒ぐ中、1LDKのリビングで仕事してるけど、何とかなってる
(本音は仕事部屋ほしい…涙)
記事の指摘も尤もだが、日本の場合は終身雇用制の影響から、所与の仕事しかしない者や創意工夫の欠片も無い者でも生存できていた。そんな連中が自ら能動的に快適なテレワーク環境を設計し、仕事の新しい形式を学習することができるというのは、ありそうもない願望だろう。
いざというときはアナログ職人気質のが強いけどね。電気シャットダウンしたらなんも出来ない人間ばかりになりそー
リモートワークといっても結局自宅のみとか制限されるからだよねー、って思う。
先日のイベントでもキーワードとして出てきた Team Anywhere

日本はもっと働き易さの探索と許容が必要
会社でなら効率的に仕事ができているというような妄想はもうやめるんだ!!!!
日本は文化的(IT化遅い)、住居的(家狭い)などいくつかの理由が考えられますね。テレワークは地方創生にもつながらないかなぁと、上手いこと政府や企業は活用してほしいところです。IT系ではなくなることはないし、上手なやり方を考えて仕事していきたい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR