TOP > IT・テクノロジー > Windows版「ウイルスバスタークラウド」バージョン15に脆弱性、無効化される恐れ - INTERNET Watch

Windows版「ウイルスバスタークラウド」バージョン15に脆弱性、無効化される恐れ - INTERNET Watch

16コメント 登録日時:2020-02-14 18:16 | INTERNET Watchキャッシュ

 トレンドマイクロ株式会社が提供するセキュリティ製品「ウイルスバスタークラウド」にサービス運用妨害の脆弱性(CVE-2019-19694)が存在するとして、JVN(Japan Vulnerability Notes)およびトレンドマイクロが情報を公開した。...

ツイッターのコメント(16)

自動配信だから更新するだろうけど
ウイルスバスターはちっと頑張って欲しいんだよなぁ…。サーバー管理者とかのレベルなら別かも知れないけど、なんか素人でもサクッと分かる様なIoTとかそういうの守れる様な商品だしてるのってここだけじゃない?
こうしてウイルスバスターはどんどん激重になるのよね…最新版の16はセキュリティ強すぎて他のセキュリティ対策と微塵も共存できないほど。
トレンドマイクロ何回やらかせば気が済むんだ。……って、誰か今でも使ってる人いるの?
なんかもうコレ…
>最新版のバージョン16ではこの影響を受けない。修正パッチは2月6日から自動配信されているため、アップデートを呼び掛け
→安定のやらかしw┐(´д`)┌ヤレヤレ
セキュリティソフトとしては一番ダメなタイプの脆弱性では。
ウイルスバスターいろいろとあるなぁ。
// また、ウイルスバスターというかトレンドマイクロか。使ってる人、親兄弟でも人質にとられてるの?
無効化されればむしろ安心では? /
ウィルスバスターというかトレンドマイクロには気を付けているので… 『 Watch』
いつも通りなので最早驚きもないけど、内容もいつも通り安定の「セキュリティ企業なのにそんなソフトウェアアーキテクトで大丈夫か」案件。
最新版では大丈夫だそうだけど。
以上

記事本文: Windows版「ウイルスバスタークラウド」バージョン15に脆弱性、無効化される恐れ - INTERNET Watch

いま話題の記事