TOP > IT・テクノロジー > INTERNET Watch > 誰でも電子書店の...

誰でも電子書店の店主になれる講談社「じぶん書店」、一般店主の登録受付を開始、5月15日の開店に向けた準備期間に -INTERNET Watch

11コメント 登録日時:2017-04-20 12:57 | INTERNET Watchキャッシュ

 株式会社講談社は20日、自分の電子書店を簡単に開設できるサービス「じぶん書店」において、 一般ユーザーの書店開設機能を同日より公開し、事前登録の受付を開始すると発表した。ユーザーは、講談社が提供している約3万2000点の電子書籍の中からタイトルを選び、推薦コメントを入力することで、自分が売りたい電子書籍を並べた“マイ電子書店”を簡単に...

Twitterのコメント(11)

なるほどたしかに本が電子化されるなら本屋の営業もお気軽に出来る様になってもおかしくないのか(´・_・`) /
誰でも電子書店の店主になれる講談社「じぶん書店」、一般店主の登録受付を開始、5月15日の《開店》に向けた準備期間に
🆕 2017/04/20(昨日)🔥🔥10
🥉 2連荘
🐱 (3rd/8)

🕋 …
面白い試み!参加動機がアフィリ報酬以外にも生まれると一般にも広まりそう。
とりあえず開設だけでもしてみるかな〜>
結局アフィリエイトなのが気になるところですが、本好き待望の機能なのでしょうか? /
講談社オンリー棚ですが。ふむ、何を並べようか?
じぶん書店、講談社さんの本だけなのか。そりゃそうか。でも面白い試みだなぁ。一応、自分の著作も一冊だけあるわけだが…。
ちょっと面白そう
レコメンに関してはいろいろ思うところがあるが、書店員のポップ書きの代わりをさせようとしてるのであれば「なめんな」である
"マイ電子書店に並べすことができる点数は150冊までだが"
ほおー >
以上

記事本文: 誰でも電子書店の店主になれる講談社「じぶん書店」、一般店主の登録受付を開始、5月15日の開店に向けた準備期間に -INTERNET Watch

関連記事