TOP > IT・テクノロジー > ガンダムの“ハロ”が会話できるAIロボットに、バンダイナムコがCEATEC JAPANにてデモを披露 - INTERNET Watch

ガンダムの“ハロ”が会話できるAIロボットに、バンダイナムコがCEATEC JAPANにてデモを披露 - INTERNET Watch

13コメント 登録日時:2017-10-02 16:01 | INTERNET Watchキャッシュ

 「CEATEC JAPAN 2017」が幕張メッセ(千葉県千葉市)で10月3~6日に開催される。株式会社バンダイナムコのブースでは、AI搭載の対話型コミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」の参考出展を行っている。...

ツイッターのコメント(13)

うわー、オレンジとかカラーバリエーション出ないかな
CEATEC JAPAN 2017に行って「ガンシェルジュハロ」見てきたけど、喋るしコロコロ動くし目とか光るしこりゃもうハロだ!と思った。
体力的不安からペットが飼えないという実家の両親にプレゼントしたい
"【動画あり】" ハロはあの可愛らしい、奇妙な動きもポイントだと思うのだが、ちゃんと再現されているのだろうか。
スマホに連動して、転がってついて来ればさらにハロっぽいのに
製品化されたら、ほしいかも・・・。
“搭載された会話AI機能により、機動戦士ガンダムに関する質問やうんちく、クイズを楽しめる”高価なオモチャという感じ。Alexaと連携できるようになれば、実用的に使えるのかな / “ガンダムの“ハロ”が会話できるAIロボットに、バ…”
「ディスプレイ用として別途手足パーツを付けたモデル、音声認識のみに特化したモデル、揺れるなどの基本動作に特化したモデルの3つが用意されていた。正式版では、いずれの機能も統合される予定」
手足パーツは差し替え式かなあ。/
まぁ、想定通りのものが出てきたな。
"日本アイ・ビー・エム株式会社が会話AIの開発、VAIO株式会社がハロ本体の機構、回路設計および生産を担当"→
あ、現実が大分追いついてきたな <
以上

記事本文: ガンダムの“ハロ”が会話できるAIロボットに、バンダイナムコがCEATEC JAPANにてデモを披露 - INTERNET Watch

関連記事