TOP > IT・テクノロジー > リップル社を米証券取引委員会が提訴、「暗号資産の証券性」がブロックチェーンに与える影響とは【ブロックチェーン講座】 - INTERNET Watch

リップル社を米証券取引委員会が提訴、「暗号資産の証券性」がブロックチェーンに与える影響とは【ブロックチェーン講座】 - INTERNET Watch

8コメント 2020-12-28 23:37  INTERNET Watch

 暗号資産・ブロックチェーンに関連するたくさんのニュースの中から見逃せない話題をピックアップ。1週間分の最新情報に解説と合わせて、なぜ重要なのか筆者の考察をお届けします。

ツイッターのコメント(8)

一番分かりやすい❗️
XRP vs SEC訴訟の解説。
仮に訴訟が認められた場合、暗号資産・ブロックチェーン業界全体への影響は必至ですね。
証券として扱われるなら
税率が
激変する

田上 智裕さんのインターネットウォッチ寄稿。大筋として。|リップル社を米証券取引委員会が提訴、「暗号資産の証券性」がブロックチェーンに与える影響とは キーワードは「ブロックチェーンの分散性」
重要なことは、事業者が管理できるデジタル証券は暗号資産とはいわないということである。
リップルは禁止か
ビットコインもどきがどんどん死亡してくな
XRPはそもそもDecentralizedじゃなくて暗号通貨(仮想通貨)の要件すら満たせてないと思う。XRPが値上がりして一番喜ぶのはリップル社なのによく値段が上がってたな〜(・_・;
リップル社を米証券取引委員会が提訴、「暗号資産の証券性」がブロックチェーンに与える影響とは
ここの記事みたら同じような事書いてあった。
英語苦手マンだから、翻訳かけながら読み進めてたので、意味の解釈は合ってたんだなと思ったw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR