TOP > 国際 > いったい何が世界中のミツバチを殺している? ロシア、アメリカ、ヨーロッパ … 全世界でミツバチの黙示録的な大量死と大量消失の拡大が止まらない - In Deep

いったい何が世界中のミツバチを殺している? ロシア、アメリカ、ヨーロッパ … 全世界でミツバチの黙示録的な大量死と大量消失の拡大が止まらない - In Deep

14コメント 登録日時:2019-07-29 20:14 | indeep.jpキャッシュ

いったい何が世界中のミツバチを殺している? ロシア、アメリカ、ヨーロッパ … 全世界でミツバチの黙示録的な大量死と大量消失の拡大が止まらない...

Twitterのコメント(14)

ババ・バンガの予言「世界中でミツバチの大量死が始まり、その後多くの人々が死んでしまう」
>
「ロシアの 30の地域で、ロシア全体の 60%のミツバチを失った」

ということになっているようです。ロシアの 90%近くの養蜂家がミツバチの消失や大量死の影響を受けたと記されています。
ミツバチを失うと、私たちの食糧である果物、野菜、さらには穀物さえも失うのです。それらがなければ、鳥や哺乳類なども地上から消えていくのです。ミツバチは、生物の多様性の基盤を作っている存在なのです
有機農法や自然農法だと、逆に蜜蜂🐝増えるかな?
貼り付けているネット記事によると世界でミツバチの大量死や大消失の事が書かれています。地球からミツバチがいなくなっている鏡の反射です。そして最初カムから人間界が見捨てられて諦められていっている証拠となります。この記事を見て、あと、どのくらいかなと考えました🤔


フェイスブックより
←ミツバチといえばサウ氏であるが、ミツバチ絶滅後4年で人類滅亡と。
養蜂家連合の会長は、ネオニコチノイド以外のあらゆる農薬や殺虫剤もミツバチに脅威をもたらしている可能性が高いと述べる。
蜂群崩壊症候群。某アトリエのラスボス戦の曲名でもあるらしい。終末み…
アインシュタインの言葉で「もしこの地球上からミツバチが消えたら、人類は 4年しか生きられない」と言うものがあるが、欧州では農薬を制限してきているのだが激減しているのは一体何故なのか?
ハッチもマーヤもいなくなる…

何がミツバチを殺している?全世界でミツバチの大量消失が止まらない
いったい何が起きてる?
このままでは人類は本当に滅亡してしまう?
予言を信じるのはやめたいが
気になるよねぇ〜
以上

記事本文: いったい何が世界中のミツバチを殺している? ロシア、アメリカ、ヨーロッパ … 全世界でミツバチの黙示録的な大量死と大量消失の拡大が止まらない - In Deep

関連記事