TOP > 国際 > 米中ウイルス発生源戦争 : 中国国営放送の女性アンカーが「コロナウイルスはアメリカの研究所から流出した」と報道する中、ロシアの著名な微生物学者が「これは武漢の研究室で作られた」と発表 - In Deep

米中ウイルス発生源戦争 : 中国国営放送の女性アンカーが「コロナウイルスはアメリカの研究所から流出した」と報道する中、ロシアの著名な微生物学者が「これは武漢の研究室で作られた」と発表 - In Deep

13コメント 2020-04-25 10:43  indeep.jp

米中ウイルス発生源戦争 : 中国国営放送の女性アンカーが「コロナウイルスはアメリカの研究所から流出した」と報道する中、ロシアの著名な微生物学者が「これは武漢の研究室で作られた」と発表

ツイッターのコメント(13)

@saizou9 こんにちは。さいぞうさんの基準では、こういうのも陰謀論に含まれますか?
>3月終わりまでに 5種の大きな株の系統を持つ新型コロナウイルスが存在していたが、「その 5種すべての株が存在しているのはアメリカだけ」という根拠から「アメリカが発生源である」という説
HIVの発見でノーベル賞をとった学者が断言しているんだから間違いない事なのではないだろうか?
@renho_sha
これはどうでしょうか
意図的では無いにせよ、パンデミックはもっと事前に予測できた。
中国なのか米なのか

- In Deep
アメリカ発生なら中国のコロナウイルスにアメリカの株がないとおかしいのでは⁈
世界軍人運動会からすべてがはじまった


アメリカが作って盗み出されて武漢で研究改変→からの
なんらかのミスでウイルスが漏れた
現在でもなお、「新型コロナウイルスが人工ウイルスだということは陰謀論」的な見方をする方々もいらっしゃいますが、政治学的にどうであれ、遺伝子解析では「人為的」以外の考え方はできないのです。科学はもうこのウイルスの正体を見破っています。
新型コロナウイルスの発生源の状況証拠は、中国もアメリカもどちらもとても怪しいことを示している。
(原爆を二度も使用した国、他国に自由に不法に侵略し爆撃する国、世界中に軍事基地を設置する国、無人偵察機を使用して暗殺する国.....)
「中国も怪しいけれど、アメリカの怪しさがやや上回ってきた」
In Deep
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR