TOP > 科学・学問 > 『サカナとヤクザ』ニッポンの食卓を支える、魑魅魍魎の世界 - HONZ

『サカナとヤクザ』ニッポンの食卓を支える、魑魅魍魎の世界 - HONZ

40コメント 2018-10-04 07:07 | HONZキャッシュ

本書は、これまでに数々の裏社会ノンフィクションを描いてきた鈴木智彦氏が、サカナとヤクザの切っても切れない関係を、足掛け5年に及ぶ現場取材によって描き出した一冊だ。これまでなぜか語られることのなかった食品業界最大のタブーを真正面から取り上げながら、一ミリの正義感も感じさせないのは、著者の真骨頂である。そして、もはやヤクザの世界に精通していなければ読み解けないほど、サカナの世界では表社会と裏社会が複雑に絡まりあ...

ツイッターのコメント(40)

「ウナギ業界の病巣は、稚魚であるシラスの漁獲量が減少して価格が高騰したため、密漁と密流通が日常化している」
@nonbeiyasu 鈴木 智彦氏が『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』という本を出していましたね。
@dandelion_muro ナマコは今や高級品だからね。
密漁までされているらしいです。

余談ですが、この本面白かったです。
正月に読んで面白かった本。魚介類好きなので気になってた
@manpatsu そういえば、暴力団の密漁ビジネスを追った「サカナとヤクザ」という本が最近話題になってますね。
@batimasaki マジで本職とつるんでる可能性もあるから気をつけなよ~。
@stespashi @GUQbJgN6eyvGep1 ググって見つけました。これですね?
知りませんでした。情報ありがとうございます。
面白そう
農林水産省は仕事してるのかな?
サカナに関わる者として興味津々だが、ここ(Twitter)の人は「それちゃう」とかあるのかな?
@eutonie すんません(笑)。送ったらよかったですね。
『サカナとヤクザ』に、銚子のヤクザのことが詳しく書いてあって、安田さんの言うたはったことがようわかりました。ビックリです。
「サカナとヤクザ」は読みたいと思っていて、この方の書評を読んでさっそく注文した。
えーと、これは豊洲に移ったからといって解決する問題じゃないよね。
アワビもナマコもウナギも半分ぐらいは密漁・密流通とは驚き。。。
ウナギなんて密漁品絶対食べてたじゃん。
これは購入不可避、アマゾンで予約しました。
読むよね、もちろん。
昔、フィリピンから香港に送られる鰻の稚魚を、日本に転送する仕事をしないか、と誘われた事がある。商売上手く行きだした時に誘われたから断ったけど、食い詰めていたら携わっていたかもしれない。
驚くべき密漁の多さ。「推計ではあるが、たとえばアワビは日本で取引されるうちの45%、ナマコは北海道の漁獲量の50%、ウナギに至っては絶滅危惧種に指定された今でも、その2/3ほどが密漁・密流通」。 >
1ミリの正義感も感じさせない(笑)読まねば。
俄然、読みたくなってきた。
創作の資料としても。
こんなの常識だと思ってた……
“食品業界最大のタブーを真正面から取り上げながら、一ミリの正義感も感じさせないのは、著者の真骨頂である。”

ちょっと(^_^)
「アワビは日本で取引されるうちの45%、ナマコは北海道の漁獲量の50%、ウナギに至っては絶滅危惧種に指定された今でも、その2/3ほどが密漁・密流通であるという。」
読みたいなこれ。
うわ、ほんとにもう書評載ってた。ありがとうございます。どの章も精一杯やったんですけど、評者の内藤さんがさらりと流したところ、ナマコ、銚子、根室にかなりの気合いが入ってます/
凄まじい数字だ。“いずれも推計ではあるが、たとえばアワビは日本で取引されるうちの45%、ナマコは北海道の漁獲量の50%、ウナギに至っては絶滅危惧種に指定された今でも、その2/3ほどが密漁・密流通であるという” / “『サカナとヤ…”
これは読んでおきたい。
シノギの香りがするねぇ…
予約した! 読むの楽しみだーーー! >>>
“…サカナとは健康的なものであるはずだ。しかしその健康的なものが入手されるまでの経緯はどこまでも不健全なのである。さらに季節のものを旬の時期に食べるという自然な行為の裏側は、どこまでも人工的なのだ” / “『サカナとヤクザ』ニッ…”
「季節のものを旬の時期に食べるという自然な行為の裏側は、どこまでも人工的なのだ。」
笑福亭鶴瓶の弟子で3回釣瓶に破門されたべ瓶も築地で働いていた過去がある。うなぎ密輸ルートはドキュウメントで見たことあるが、ここまで深い闇とは…
そうなのか。。これは必読!
いまもっとも読みたい本。
もはやヤクザの世界に精通していなければ読み解けないほど、サカナの世界では表社会と裏社会が複雑に絡まりあっていた!?
更新しました!
以上
 

いま話題のニュース

PR