TOP > その他のニュース > 一般紙から科学専門誌まで、海外メディアが報じた「日本学術会議拒否問題」。菅政権の所業はファシズムの一丁目一番地 | ハーバー・ビジネス・オンライン

一般紙から科学専門誌まで、海外メディアが報じた「日本学術会議拒否問題」。菅政権の所業はファシズムの一丁目一番地 | ハーバー・ビジネス・オンライン

今、世界でもっとも注目されているニュースといえば、アメリカの大統領選挙、アルメニアとアゼルバイジャンの紛争、そしてもちろん冬を前にしたコロナウイルスの動向だろう。しかし、そんななかに割って入っている…

ツイッターのコメント(25)

へのフェイクを伴うネガキャンは、

「困窮する庶民の暮らしを理解できず、政治家の足を引っ張る存在として『インテリ』がスケープゴートにされるのは、何も新しいことではない」

「問題はそうすることによって得をするのはいったい誰なのかということだ」
「法律無視で学問の自由への介入との批判が沸き起こると、突然『日本学術会議の在り方』が議論され、『科研費4兆円を再配分している圧力団体』『死ぬまで年金250万』といったデマが拡散。デマの流布に大手メディアや政治家も加担している」
所信表明演説もしないうちから、違法な「日本学術会議の任命拒否」ですでに傾く菅義偉政権…w
頭がザコすぎるな!😅
「俯瞰的・総合的な判断」なら、その中身を説明してくださいよ!
「任命拒否」は昨日総理が合同葬で追悼した、中曽根元総理の過去の答弁にも反してますよ!😳
「収容所群島」を読んだ時、いかに全体主義国家、独裁政権が学者を敵視したかを思い知らされた。同じ入り口に立っているという危機感。
違和感の感じが解った気がする?香港と一緒だ!
菅が目指すのは共産党みたいな監視独裁国家ですか?
世襲議員よりも悪質
麻生副総理が学ぶべきとしたナチス、ソ連や中国といった冷戦下の共産圏の国、ポル・ポト政権時のカンボジア、いずれも真っ先に行ったのは、アカデミックな人材の処刑や収容だ。

>菅政権の所業はファシズムの一丁目一番地
2020.10.16
地味で暗いスガさんも世界から注目されるようになりました。
トランプ・スガ今や地球人類の敵。
問題とは組織が目標にしている案件の課題を達成するための壁の事。さて、一体どこの組織の問題なんですかね。

一般紙から科学専門誌まで、海外メディアが報じた「日本学術会議拒否問題」。菅政権…
国内の主要メディアよりも海外メディアの方が本質を伝える。
ナチスが最初に作ったのはダッハウ強制収容所だった。
本邦政府は、それを巧妙にやってるわな。
なんたってナチスの手口に学んでる(by 麻生)からね🤭
これまで無視してきた学術会議を行革の対象とするとしても、その優先順位高いのか?
世界からはこう見られているようですね。
菅総理 世界はあなたをファシストと見てみますよ。
【HBO!】
任命拒否は「明らかな報復」
科学よりも政治ファーストは国益になるのか
全く違う。学術会議はサヨクの牙城、科学技術漏洩や学者流出の元凶だ。サヨクの排除と各種の情報統制が必要だ。学者のパージを行うべき。
今私達は恐怖政治の真っ只中にいるのではないか⁈
ハーバービジネスオンラインの「海外メディアが〜」の叫び(笑)
海外メディアを見習ってほしいね
海外メディアが報じた「日本学術会議拒否問題」菅政権はファシズ厶(HARBOR
「科学と研究は判断をする上の材料。科学という絶対的なファクトや研究データでなく、政治家の個人的判断で政策が議論されるのであれば、それは近代国家とは言えないだろう」同感
科学という絶対的なファクトや研究データではなく政治家の個人的な判断によって政策が議論されるようであれば、それはもはや近代国家とは言えない。政治にしろ経済にしろ、そうなることで損をするのは利権や立場を守れる政治家ではない。損をするのは我々庶民だ
「明らかな報復」
麻生がその手口に学ぶべきとしたナチス、冷戦下の共産圏の国でも真っ先に行ったのはアカデミックな人材の処刑や収容だ😱😩🤔
インテリ攻撃すると
後で損をするのは
私たち庶民だって
分からないのかなぁ🤔

「麻生太郎副総理がその手口に学ぶべきとしたナチス、ソ連や中国といった冷戦下の共産圏の国、ポル・ポト政権時のカンボジア、いずれも真っ先に行ったのはアカデミックな人材の処刑や収容だ。」
一般紙から科学専門誌まで、海外メディアが報じた「日本学術会議拒否問題」
科学は正しい判断をするうえでの重要な材料となる。科学というファクトや研究データではなく、政治家の個人的な判断により政策が議論されるようであれば、それはもはや近代国家とは言えないだろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR