TOP > その他のニュース > 検査法の原理を知ればあり得ない「検査をすると患者が増える」エセ医療・エセ科学デマゴギー(前編) | ハーバー・ビジネス・オンライン

検査法の原理を知ればあり得ない「検査をすると患者が増える」エセ医療・エセ科学デマゴギー(前編) | ハーバー・ビジネス・オンライン

一斉に消えた「ベイズ推定をするとPCR検査は60%が偽陽性」論ここまで5回(1,2,3,4,5)に渡って、「検査をすると患者が増える」「検査をすると医療崩壊」「検査をすると人権侵害」といったジャパン…...

ツイッターのコメント(34)

@harukaT81088700 台湾がなぜ封じ込められたと思いますか?
@Ichiro_leadoff 虚空に吠えるコロラドさん。
医者や官僚まで引っかかるのがなさけない。
めも。手段が目的になってるのかな?と(´ω` ) →
SNSを含むメディアの嘘は多角的視点で検証判断しなければならない。
ある意味ウイルスよりタチ悪い👎
“本邦を汚染し尽くしている「いち、じゅう、ひゃく、せん、たくさん、いっぱい、わかんない」という一万円札を上限として5桁以上の数が分からない暗記パン”
@hboljp
ここまで5回に渡って、「検査をすると患者が増える」「検査をすると医療崩壊」「検査をすると人権侵害」といったジャパンオリジナル・国策翼賛エセ医療・エセ科学デマゴギーについて実際の世界の統計と照合することによってそのペテンを暴いてきました…

すごい書き出し(笑
これまで5回に渡りPCR検査を敢えてベイズ推定を用い検証、その実際の感度・特異度の数値を導出し、この手法が極めて高精度である事を実例において立証してきたコロラド先生。
今回はベイズ推定自体を確定的事象を扱うPCRの原理として用いる事の愚かさを繰り返し説いている。
間違いを盾に検査しないのは「コロナに感染した人は助けません」って言う宣言に他ならなず、ずっと納得できないでいる。門外漢だけども。
PCR検査をしない理由や理屈が次から次へと必死に考案され、そして論破され消えゆく

これもその一例
なぜそんなにコロナを蔓延させたいのか?

国難を前にして国民の命や経済よりも、利権や省益を優先する勢力の影がチラつく
PCR検査を増やすと感染が拡がるだとか、偽陽性がー偽陰性がーの人は見るように~
分科会の小林慶一郎にも読んでほしい記事。
確かに検査抑制派って、フッカ水素酸のことで暴れまわってた人たちとそこそこ被ってそうw>
PCR検査の特異度99.9%で偽陽性がいっぱい出るとかデマを巻き散らかしてんじゃ無いよマジ💢
今頃医者や医系技官にこんな事を説明しないといけない国はこの国以外にはないだろう。検査をしない言い訳を何としても探しているようだ。
コロラド先生無しによるPCR検査の解説。原理説明の後半に期待。
確かにこれまでの解説、理系ではない高卒の自分にも理解できるように書かれていてありがたかった。次回のPCRの原理、楽しみ!
会計監査の「リスク・アプローチ」の考えに照らせば、彼等の主張が非論理的なのはすぐに分かる。検査の信頼性に問題があるのなら、それをカバーする追加手続(3種検体採取はまさにそれ)で埋め合わせれば済むのに、なぜPCRそのものの否定まで飛躍するのだろう。
「「検査をすると患者が増える」「検査をすると医療崩壊」「検査をすると人権侵害」といったジャパンオリジナル・の珍説」
残念ながら今日のモーニングショーの釜やち出演で分科会がまだ全くおかしな認識を維持してることがわかってしまった。
「いち、じゅう、ひゃく、せん、たくさん、いっぱい、わかんない!」

創作落語のような語り口で、PCR検査スンナ派の欺瞞を暴くw
インチキを根拠にした「検査をすると患者が増える」などのデマでPCR検査数を抑え貴重な時間を空費している間にも、第二波は近付いてきている。
最近拡散されているPDF、特異度99%の仮定と偽陽性の計算がそもそも科学的でない…という説もあるので…
なんでベイズを持ち出すんだ?という違和感はこれ。「原理的にはPCR法にベイズ推定などの確率的評価を用いることは根本的な誤りと言えます。」
すこし歳をとったので、
そんなこともあるさと
思うようになってしまったけど、
中学生のころの私だったら
自分にもわかるデタラメを
吹聴するオトナたちに
怒りまくっていただろう。
なぜかワシのクソツイートが引用されていて、いや、そこは三島の先生の金言だけで十分だと思うが、まあいいや。
とにかく、必読!

@hboljp
STAP細胞とPCR検査抑制論、経緯が似てきたな。海外の状況が知られるにつれて、エセ科学者がドンドン劣勢に。
「確定的事象=数学的には一意に定まる事象に、ベイズ推定を持ち込み、変数をいじくり回すことは、科学的に全く無意味で誤った数字遊びでしかありません。」
がん検診での陽性陰性は各種の観察、検査によって確率的に判断されます。そののち細胞診で偽陽性が、短期発症で偽陰性が確認されるわけです。ところがPCRは「存在の有無」の確定的な検査です。がん検診でいう細胞診なんです。一部の医師達がこれを混同したのは怖いことです。
「いち、じゅう、ひゃく、せん、たくさん、いっぱい、わかんない」
吹いたwww
8/3更新
コロラド先生 @BB45_Colorado の最新記事。

>繰り返しになりますが、そもそも論として確定的事象=数学的には一意に定まる事象に、ベイズ推定を持ち込み、変数をいじくり回すことは、科学的に全く無意味で誤った数字遊びでしかありません。
いいな‼️褒められてるぞ‼️

《事実を説明できない仮説への固執は典型的なドグマティズム(教条主義)である》だって‼️
緊急事態宣言下の巣篭もり中にケプラーについてポパーが科学を論じているのを読んだばかりだったので、ケプラーのくだりにちょっとほっこり。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR