TOP > その他のニュース > 吸えば即死の「酸欠空気」が外環道工事現場から発生。事業者は住民に説明せず工事を強行 | ハーバー・ビジネス・オンライン

吸えば即死の「酸欠空気」が外環道工事現場から発生。事業者は住民に説明せず工事を強行 | ハーバー・ビジネス・オンライン

外環の工事により、「吸えば即死」の酸欠空気が川で発生5月27日、東京都の住民13人が原告となり、建設中の地下高速道路「東京外郭環状道路」(以下、外環)の工事差し止めを求める仮処分申請を東京地裁に起こ…...

ツイッターのコメント(35)

住民の健康をないがしろにするとはともかく
確実な安全策と適切な補償を求めればいいのに
「工事中止しろ」がメインに来る人たちの発想は理解できない。
> これが6%以下なら人は即死する。
そうなんだ?
こういう問題もあるんですね。

大量に一度に出てくるものではないと思うので、すぐに希釈され死亡事故などは起きないと思うけど。
【HBO!】吸えば即死の「酸欠空気」が外環道工事現場から発生。
酸欠空気→酸素濃度6%以下 一息吸えば即死だそう
通常の酸素濃度は21%
軍事兵器に使われるとウィルスよりも恐ろしいな
暗殺も証拠隠滅でできそうで怖すぎる😱

“漏気は『想定外』
実際に気泡が出てくると、『漏気は抑制できる』
再び気泡が発生したら、こんどは『影響はない』との安全宣言”
土地売るのに値段釣り上げに釣り上げた結果土地売れなくなったのにイチャモンつけてるっていう外環大泉から先のアレでしょ?
"空気中の酸素濃度は約21%。例えば、これが6%以下なら人は即死する。そんな酸欠空気が2019年5月から今年3月までに、東京都世田谷区や調布市を流れる野川や白子川といった川でポコポコと湧いているという。"

事業者は住民に説明せず工事を強行
大気と混ざったら、ただの空気に過ぎないわけだけど。ヤクザの因縁かよw
世田谷区まで掘られるそうで…
サヨクのイチャモン付け
初めて聞いた。
「空気中の酸素濃度は約21%。例えば、これが6%以下なら人は即死する。」
無知を晒して危険を煽る、掲載媒体の信頼性も失墜するわね//
非科学的なイチャモンも記事にするとそれらしく見えるから恐ろしい。
東京都内の川に、直接吸えば即死する酸素濃度6%台以下の酸欠空気がポコポコ沸く。地下高速道路「東京外郭環状道路」(外環)のトンネル掘削での「気泡シールド工法」が原因。酸欠空気の湧出はこれで3回目。住民は命に関わるとして「工事差し止め」を求め仮処分申請を起こした
「酸欠空気」ハンターハンターでモラウが言ってた。
へー、酸素濃度低いと即死するのか
怖っ
意味わからない記事だと思ったらhboなので妥当だった
白子川でも確認されてたのか……
いま住んでいる場所は工事エリア外だから影響ないけど、石神井川や善福寺川にも出るんだろうなぁ……
これも「安全」のエビデンスが出てこない事例だね。業者は発言するだけではなく、科学的な根拠を示した上で住民に説明する必要があると思う。
この人達のそばでは屁も出来ないぞ
普通に考えて希釈されるので問題ないのでは?
こういう事を記事にしたり、騒ぐ人にはどんなに理論的に説明しても理解はしてもらえないと思いますが…
いやいや、殺す気としか思えんから💢
その空気だけ吸えばね…
それが言えるなら人は屁を吸ったら即死するとも言えるんだよなぁ。
人より低い位置を歩くペットや職人の安全確保は万全なのだろうか。船のタンクを掃除しに入った職人が酸欠で亡くなったNEWSがあったばかりだが。
実際に人が死なない限りお上は理解しないよな
仮にこの住民達の言い分が正しいとすれば、保安員の作業中とかトンネルを通過する時にどうするんだという疑問も。
でも同種の山手トンネルではそんな事態は起きてない。

このエリアの反対運動というだけで胡散臭さは拭えないのだけどね。

吸えば即死の「酸欠空
5/27に記者会見し取材されていた記事が、都知事選後にようやく記事になったようです。
QT
【仮面民主主義】日本の断面

目的のため手段選ばない
説明も情報開示も無く責任も取らない
似ている…
底流にあるもの
改憲は政官財へのフリーハンド
独裁完成形

@hboljp
あのロンドンスモッグも主な死因は酸欠KOらしい
(石炭需要がクライマックスだったことに注意)
画像からすると微量だと思われ…これを即死するまで吸おうと思ったら、相当大掛かりな作業が必要に成ると思うのですが。

騒ぐ事か?
『漏気は『想定外』と説明していました。実際に気泡が出てくると、『漏気は抑制できる』と言う。再び気泡が発生したら、こんどは『影響はない』との安全宣言をする』

これ原発やコロナと既視感あり過ぎ

住民が反対しても強行する所は辺野古と同じ

つまり国の暗部

@hboljp
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR