TOP > その他のニュース > 国民がコロナ禍で苦しむ中、火事場泥棒的に保身のための法案成立を急ぐ安倍政権。検察庁法改正案の問題点とは? | ハーバー・ビジネス・オンライン

国民がコロナ禍で苦しむ中、火事場泥棒的に保身のための法案成立を急ぐ安倍政権。検察庁法改正案の問題点とは? | ハーバー・ビジネス・オンライン

4月16日、検察官にも定年後の勤務延長を認める等の内容を盛り込んだ検察庁法改正案が衆議院にて審議入りした。本稿では、この改正案の問題について指摘する。ことの発端ことの発端は今年の1月31日、東京高等…...

ツイッターのコメント(105)

この記事自体読んで欲しいのですが2ページで触れられてる件

「検察官については、昭和56年当時、国家公務員法の定年制は検察庁法により、適用除外されていると理解されていたものと承知しております。」

と答弁した2/13の本会議の議事録だけ衆議院のサイトに無い

@hboljp
検事総長が次の検事総長を指名し、それを内閣が追認することが慣例になっている。検察は権力の不正をチェックする役割を担っているため、政治からの「独立性」「中立性」が必要である
これ読んだけどやっぱり超ヤバイ。

こんな忙しい時に急いでパッと決めちゃう法案じゃ無いよ。これ。
ほんまに
問題は国家公務員の定年延長だけじゃない😱😱
解りやすい解説‼️
記事では、以下の3つが
非常に分かりやすいです。

その1
by 明石順平弁護士
本格的な内閣vs.検察バトルがどう発展するのか、注目しなきゃ。
ほんとうにこりゃ と言われても仕方ない。
ハッシュタグつきのツイートであふれていたのでどういうことかと思って読んでみました。☞
ワイに絡みしてきた垢が、検察庁法改正案はアカンというために貼ってきたソース
どうみても安倍憎しの記事
「この延長は黒川氏を検事総長に就かせるためのものはないか・・延長すれば・・氏を検事総長に・・・。」
定年延長という言葉からここまでハイコンテクストな想像力が発揮できることに驚く。
人事院勧告を2年も放置してきたことへの危惧は語られてない。
@tonghwi17 検事総長は2年で退任するのが通例。
稲田氏は今年の7月25日に在任2年を迎えますし、黒川氏の勤務を延長すれば検事総長に指名することは可能。

すでに黒川氏の定年を半年延長させてますし、施行前に同じことをやればよいだけでは?
『どんな事件であろうと、捜査・公判は現場の検事が担当しているのだから、検事長が変わって支障が出るはずがない』 国民がコロナ禍で苦しむ中、火事場泥棒的に保身のための法案成立を急ぐ安倍政権。検察庁法改正案の問題点は? @hboljp
あ屁びんぞうは
間違い無く嘘つきで泥棒(税金私的流用等)なのは有名だけど
新型コロナにかこつけて
火事場泥棒までやるというフルコースとは…
読んだ!
個々人が自分の仕事に誇りを持てる社会を作りたい、、、!
黒川氏が検事総長になるとする→定年は65歳→ここで勤務延長規定を適用してフルに延長すると、68歳まで延長することが法律上可能に。/ | ハー…
閣議決定の段階から注視しておけばよかったと思ってます。今日一日で右派左派どちらにも寄った記事を読んだつもりですが、やっぱりおかしいと思います。こちらもわかりやすかった。
政治的な圧力から守られなければならない検察官の定年延長は、国家公務員法の法解釈を無視したもので、そもそも違法。

この法改正では事実上、内閣がお気に入りの検察官だけ続投させられるようになってしまう。
@tetuya_hayashi
黒川検事長定年延長の問題点は
こちらの記事がわかり易いのではないでしょうか?
今まで必要とされてなかったから、検事の勤務延長は検察庁法に定められていなかった。
それを勝手な法解釈をした国家公務員法で通した。
(従来の解釈では、勤務延長は検察官には不適用)
しかも、国家公務員法での適用要件も満たしていない。
今回の改正法の問題点を明石順平氏が解説。
何故多くの人が抗議しているのかわからない人は是非一読を。
火事場泥棒と言うか、火事場で消火しないで泥棒始める消防士、みたいな。
――――
この記事が分かりやすかった。
・検事長黒川弘務氏の違法
「まとめると、時の内閣の気分次第で検察官の役職も定年も延長出来てしまうということである。こんな法改正を通してしまえば、検察は絶対に時の政権に逆らうことができなくなり、不正は野放しにされるだろう。」
@No_take_ 言葉に語弊があったかも。正しくは定年年齢を引き上げること自体には問題はない、だね
法改正について分かりにくい人はこの辺りの記事がよいかと。
一連の流れがわかりやすくまとめられた記事☺️
こいつと黒川、ホンマクズやな!
国を亡ぼす国賊!
これも難しい言葉は要約が添えられ、慣例を踏まえつつ問題点が述べられていて、分かりやすかった。
何が問題かを明石順平氏がまとめてくれています。ぜひご覧になってください。
この機を逃せばこの先ずっと検察は権力の犬になってしまう。国民が必要としているのは権力の犬ではない。権力にかみつく狼である。
さん
なぜか2月13日の「6号」だけ(の議事録)が無い。なお欠けているのは6号のみであり、他の日の議事録は全て掲載されている
(高井たかし議員の質問に対する)都合の悪い答弁が入っているので議事録を掲載しなかったのだろうか(記事)
反対派に反対(笑)の人も読んで下さい。
#検察庁法改正案に抗議します
この記事ですら感情的な書き方・事実ではなく予想に基づく批判が一部あるけど、多分パッと見探したところこの記事が一番詳しく書いてると思うのでツイートします。
批判するなら事実を参照して客観的な視点で話すべきではないかと。
これ迄の経緯と問題点が分かりやすく書かれている良記事
既にtwitter上でも指摘がある、公務員の定年引き上げと内閣による検察官の定年延長という別物を混同しやすい
実はこれは違うもの
【HBO!】検察庁法改正案の問題点とは?
@bunkei_tk
ちょっと長めの記事ですが、私的にすごく理解できたので、ぶんちゃんのリプを見ている方へ共有させてください🔍
単なる定年延長の問題じゃない
独裁反対!
与党は先ずコロナ対策に取り組むべし。
@backyard1986 背景とかはこれがわかりやすかったよ〜

結局そのおじさん達がグッバイする前になんでも許しちゃっていいの?ってことだと思うよ〜。しかもこの時期にほかの優先課題を差し置いて…。ここで先行事例つくっちゃうとその後の政権もなにをしでかすかわからなくなっちゃうよ
黒川検事長の定年が閣議決定で6ヶ月延長された事がことの発端
#立て、稲田検事総長!
この解説がとても分かりやすかったので是非ご一読を
ドサクサに紛れての保身の為でしかない法改正の大問題。此の記事で再確認・再認識すべし。
国民がコロナ禍で苦しむ中、根本原因である中共追求を忘れてアベ叩きに狂奔するハーバービジネスオンライン。ごみはゴミ箱へ。
こんなの許しちゃいかん
もっと見る (残り約55件)
 

いま話題のニュース

PR