TOP > その他のニュース > 「子どもは愛しい。でも離れたい」子育てに葛藤する女性たちに密着した映画が2月に公開 | ハーバー・ビジネス・オンライン

「子どもは愛しい。でも離れたい」子育てに葛藤する女性たちに密着した映画が2月に公開 | ハーバー・ビジネス・オンライン

山のような家事、手のかかる子どものお世話で毎日バタバタ。夫は仕事で家を空けがちのため、妻がワンオペで子どもに向き合う。自分の時間など満足にとれるはずもない。ママたちが直面する厳しい日常に密着した映画…

ツイッターのコメント(10)

おかいつの映画みたいにかなり小さい子でも連れて行けるシステムで上映出来ないなら意味なくない?
めちゃ共感できそうな映画…。|「子どもは愛しい。でも離れたい」子育てに葛藤する女性たちに密着した映画が2月に公開(HARBOR BUSINESS Online)
お、面白そう🥺❤️
ちょっと見たい…😳😳

「子どもは愛しい。でも離れたい」子育てに葛藤する女性たちに密着した映画が2月に公開(HARBOR BUSINESS Online)
コメント欄にもあるように、子育て真っ最中に映画館に行くなんて無理だし、そもそも家で1本映画観るのも難しい。
は10人に1人がかかると言われており最悪の場合は虐待や自殺に発展するリスクがある。
妻が産後うつになった。息子が生後3か月のころ。育児をほぼ一手に担った時期があるが、時間的にも精神的にも余裕がほぼなかった。「パパをやめたい」と何度思ったかわからない。
これ映画化しなくていいでしょ…😂
手がかからなくなったらこういうのきっと後悔すると思う。慣れない正解の無い育児してたらうわーってなるけどさ、ちょっと映画化は違うんじゃない…?
うーむ、かみさんにも行ってもらいたいけど上映館少なすぎ&ソフト化しなさそうってことで残念だな…。
2月に公開予定の映画『ママをやめてもいいですか!?』について書きました。

| ハーバー・ビジネス・オンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR