TOP > その他のニュース > サンダース現象と山本太郎現象は何が違うのか? 社会を変えるために本当に必要なもの | ハーバービジネスオンライン

サンダース現象と山本太郎現象は何が違うのか? 社会を変えるために本当に必要なもの | ハーバービジネスオンライン

山本太郎氏のカリスマ性が強烈な原動力となり、先の参院選で一大ブームを巻き起こした「れいわ新選組」。民主主義や議会政治が否定され、次第に全体主義的傾向が強まり、その一方で外交や経済政策の失敗を隣国への…

ツイッターのコメント(81)

闘いの主戦場が選挙ではダメ
立憲民主党の枝野さんを日本版サンダースに見立てる人たちがいましたが、背後に社会運動がない以上、「サンダース」とは雲泥の差がある。
れいわ新選組の山本太郎も。
日本では、立憲民主党の枝野さんを日本版サンダースに見立てる人たちがいましたが、背後に社会運動がない以上、「サンダース」とは雲泥の差がある。
もし山本太郎というリーダーがいなくなってしまえば、~。ここがサンダース現象とれいわ現象の違いです。
自民及び亜流は業界団体が離れようと電通を使って国民をコントロール出来るから、いくらでも傲慢になってるのかな?
ならば電通を責め立てるのが吉。
記事に賛同。政治家個人のカリスマ性に頼るのではなく、そんな政治家を生み出すような地道な社会運動の充実を。政治が市民の日常にならなくては。

|
社会運動の高まりが政治家を動かす。今「犬猫の繁殖・販売業に対する数値規制」の動きはまさにそう。左右関係なく党派を超え一部の政治家が市民の声を反映させるべく頑張っている。
「 社会を変えるために本当に必要なもの」
「闘いの主戦場が選挙ではダメ」
「選挙に行こう」と呼びかけるだけでは、左派に勝ち目はありません。」

「勝てる候補」って考え方がもう最初から間違ってるってことだな。
ちなみに、僕は山本さんが立候補することは周囲に予想を告げてたよ。
そんなことは大した話じゃないけど、その辺りの準備や調整をどうやってたのかが気になったよね…。

彼の“ムーヴメント”は悪くないんだけど、ちょっと違うしね…。

このままだと危ない気がする…

<参考>
« リーダーシップを発揮したのは社会運動のほうです。政治家個人は社会運動の要求を実現するための一つの駒にすぎません »
反緊縮をやめて金をバラまくだけではダメで、誰がどこにどのように使うかが大事になる。カリスマの属人性に依存するのでなく、社会運動として一人ひとりが関与していくことが求められている。金を配ればハッピーになるわけではない
「闘争を回避した制度改正は、実現の可能性が高そうに見えるのでつい期待してしまうのですが、むしろ事態を大幅に悪化させる危険性があります。」
人々の苦しみや模索のある社会運動の現場こそ、新たな解決策が生み出される場。「選挙に行こう」と呼びかけるだけでは、左派に勝ち目はなく、山本太郎のカリスマ性に依存していてもだめ。
@granamoryoko18 この4年間、ほぼ欠かさず都議会傍聴をしてきて、市民に政策を提案されて、市民に立候補を頼まれて、立候補しているのが宇都宮けんじさん @utsunomiyakenji ですよね👍

東京都知事選挙をはじめ、あらゆる選挙の参考に。
「リーダーシップを発揮したのは社会運動のほうです。」
「社会運動」の大切さを気鋭の経済思想家、斎藤幸平氏が論じています。
「しかし、最近の日本では、社会運動を回避して政治や政策に期待する傾向がどんどん強くなっています。左派の間で行われている「反緊縮」の議論が、その最たるものです。」
土台となる社会運動がないとダメってことだな。人任せではなく一人ひとりが当事者。
社会運動から民主主義的な手法で政治家を国会に送り込むべきというのは、思想を問わずどんな勢力にも言えることだろうな。
なるほど!ボクら太郎支持者こそが耳かっぽじって傾聴すべき →
社会運動をせえやという話。たしかにカリスマは全体主義になりそう
アメリカのサンダース現状は、政治家に期待するのでなく、社会運動が政治家を駒として使った。社会運動が政治家に対して「言うことをきかせて」コントロールしたことになる。
この文章への感想に、また山本太郎叩いてる運動家連中が、「俺たちが変えてきた」みたいな傲慢なウエメセが鼻につく。あとアメリカと日本は風土が違うから、一概にあてはめて言えないんじゃないか。
納得!!

「選挙に行こう」と呼びかけるだけでは、左派に勝ち目はありません。また、太郎さんのカリスマ性に依存していてもだめ。社会運動を強くし、政治と結びつけていくモデルを日本でも真剣に作りあげていかなくてはならない段階に来ているのです。
「危機が同時多発的に起きている現代は、簡単には処方箋の描けない時代です。だからこそ、人々の苦しみや模索のある社会運動の現場こそ、あらたな解決策が生み出される場」社会運動への参加の"ステップ"を設け、登っている人を叩き落とすのではなく共に手を取り合って登りたい
「実際に制度がどのように運用されるかは、現場のパワーバランスで決まってきます。だからこそ社会運動によって絶えず闘争していくことが重要なのです。闘争を回避した制度改正は、実現の可能性が高そうに見えるのでつい期待してしまう」
説得力ある記事。
〈政治家個人は社会運動の要求を実現するための一つの駒にすぎません。〉
〈サンダースは対話を通じ、人々が何を求めているかを学び、それを政策に反映させていったのです。ここには、リーダーシップ像の転換があることが重要です。〉
ここで言う左派って表現には賛成しかねるが全商連の運動はまさに社会運動として重要な役割を担っている。/
「「選挙に行こう」と呼びかけるだけでは、左派に勝ち目はありません。また、太郎さんのカリスマ性に依存していてもだめ。社会運動を強くし、政治と結びつけていくモデルを日本でも真剣に作りあげていかなくてはならない段階に来ている」
だからさ、現状の日本で社会運動を盛り上げる為にはどうすれば良いの?何をすれば良いの?その提案、議論がない限り何も前に進まない。
私は彼にリーダーシップを求めていません。有言実行を期待するのみです。 / というのも彼自身も言ってますがたった1人でできることなんてたかが知れてる。 / 救世主は不要。政治に興味持つ人が増えれば良しです。 / “ 社会を…”
北欧社会を見てると、リーダーは生まれるが、カリスマは絶対といっていいほど生まれてこない。
山本さんの支持者は、彼に憧憬を感じたりカリスマ性をもたせていけないと思う。
れいわの山本太郎くん1人がやってるんじゃない。募金した人もブレーンもみんなが社会を変えようとしている。これを社会運動て言うんだよね
今後、もうちょっと組合の方に軸足を置いてみようか。/ 「社会運動を行っているのは左派だけでなく保守派も同様です。(中略)彼らに対抗するには、彼らと同じくらい社会運動を積み重ねなければなりません。」
山本太郎のカリスマ性 ‥ か

この国の民に依存性を上回る成長が無いことを前提にしている
中心となるのは社会運動であり政治家個人は要求実現のための駒にすぎない。日本国内でも業界団体による社会運動があり、それに対抗できる動きを作ることが重要とのこと。

 ̄ ̄ ̄ ̄
サンダース現象と山本太郎現象は何が違うのか? @hboljp
示唆に富んでいるかと。
社会を動かすのは政治ではなく社会運動であるべきと言うのは本質的な民主主義の見方だな。

そう言う意味ではSNS等の役割は小さくない。
GAFA にFacebookが入ってるのはやや違和感があった...
「リーダーシップを発揮したのは社会運動のほうです。政治家個人は社会運動の要求を実現するための一つの駒…」
→必要なのは社会運動。
公共性を考える時に、個人と国家との間の市民社会がスッポリ抜け落ちてしまって、利己的でないことが、いきなり国家の役に立つ、ということに飛躍してしまう日本の問題を、このところずっと考えている。
経済思想家 斎藤幸平 氏のインタビューを紹介
「社会運動を回避して政治や政策に期待する傾向がどんどん強くなっています。」
この記事、山本太郎のカリスマ性云々ばかり注目されて、「『選挙に行こう』と呼びかけるだけでは、左派に勝ち目はありません」の部分が既存の左派から見事にスルーされている
斎藤幸平さん「日本のマスコミや評論家は、反緊縮政策を掲げたサンダースのリーダーシップがあの人気につながったと主張しましたが、むしろ話は真逆で、リーダーシップを発揮したのは社会運動のほうです。政治家個人は社会運動の要求を実現するための一つの駒にすぎません」/
注目の記事。
そうですよね…太郎さんのカリスマ性で僕らもその気になったけど、この運動を継続せねば…いっそ連合を超えるような運動を生み出せば、野党統一と太郎さんに続くリーダーが生まれるかも。
「実際に制度がどのように運用されるかは、現場のパワーバランスで決まってきます。だからこそ社会運動によって絶えず闘争していくことが重要なのです。」
耳に痛い部分もありますが、良い記事ですのでご紹介します。
>(アメリカ社会で)リーダーシップを発揮したのは社会運動のほう
政治家個人は社会運動の要求を実現するための一つの駒にすぎません

| ハーバービジネスオンライン
太郎さんにカリスマ性?確かに信者みたいなのはいるようだけど、太郎さんがカリスマ????はぁあああ?????
人物のカリスマ性に期待しすぎるのはよくない。ヒトラーを生む可能性がある。そうではなく など、その人物がよって立つ社会運動を醸成することが重要だ、というお話。
もっと見る (残り約31件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR