TOP > その他のニュース > 北朝鮮の短距離弾道ミサイル、ゴルフに興じている余裕はないほど脅威である可能性も!? | ハーバービジネスオンライン

北朝鮮の短距離弾道ミサイル、ゴルフに興じている余裕はないほど脅威である可能性も!? | ハーバービジネスオンライン

安倍首相はゴルフに興じていたミサイル発射7月24日に北朝鮮(D.P.R.K.)が、東海岸より日本海へ向けて短距離弾道ミサイル(SRBM:Short-RangeBallisticMissile)二発の…...

ツイッターのコメント(15)

KN23の軌道はこの記事に詳しく書かれている。防衛省が探知できなかったと認めたらしい。韓国からGSOMIA更新しないと言われてるんだけどどうするの

@hboljp
シリーズ記事を合わせてお読みいただくことをおすすめするが、北韓(北朝鮮)のミサイル技術は相当な進歩を遂げているようである。
『リバースエンジニアリング』の成果といえるが、そのためには個々人のみならず各方面で相当な技術が求められる。
既に衛星からの3D画像で安倍晋三のゴルフに興ずる姿も把握される時代に、本当に命を守る事を考えるなら、バンカーバスターが届か無い地中深くゴルフ場⛳️が必要に成る。
「跳躍」というのは大気圏上層ホップのことか。
コロラド先生の記事。
あたしみたいなもんには難しい話(^◇^;)だが、読むべし!!
益々イージス・アショアは無意味な存在となるばかりか
標的としての意味しかなくなるね
原発やめろとしか言いようが無い。
日本大ピンチ! だと門外漢にもわかった。それなのに最新兵器の話は面白かった(^^;)
ミサイルとはこんな風に進化しているのかと驚き、ロシアも北朝鮮もスゴイ、と感嘆したのであった。防衛態勢考え直さないと大変だが、米国ばかり見ている安倍さんで大丈夫か!?
「イージスMDでは迎撃できず、PAC-3でも迎撃困難であるために、日本の弾道弾防衛はほぼ無力化…」

今度SM3最大73発買うことになったらしいけど、いずれ役立たずになる可能性も?🙄
日本は後出しジャンケンしてもダメそうだ。日本を守る気ないんだろうな。
敵と味方、使用人しか居ない連中の考えは、いつも政治利用、シナリオ作りだけは用意周到で、未だインパール作戦してる
北朝鮮の短距離弾道ミサイルとイージスアショア
ミサイル防衛では矛と盾の競争では、矛の方が圧倒的に有利であると指摘してきましたが、まさにその実例が目の前で展開されつつあると言えます。しかもこの矛と盾の競争、明らかに矛の方が先行しているのです。
「低高度滑降・跳躍型飛行軌道」を特徴とする9K720/KN-23 SRBM

本当にヤバいミサイルはこっち。
これはちょっとミスリーディングなタイトルだな。中身は結構まとも /北朝鮮の短距離弾道ミサイル、ゴルフに興じている余裕はないほど脅威である可能性も!?(HARBOR BUSINESS Online)
ハーバービジネスオンライン(HBOL)
コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」
シリーズ弾道弾防衛第12回


2019/08/31


公開しました。
以上
 

いま話題のニュース

PR