TOP > その他のニュース > れいわ新選組、重度障害者の女性を参院選の公認候補に。「当事者の声を国会へ」 | ハーバービジネスオンライン

れいわ新選組、重度障害者の女性を参院選の公認候補に。「当事者の声を国会へ」 | ハーバービジネスオンライン

生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値がある「生産性で人間の価値が測られる。もうすでにそういう社会になっていると思います」山本太郎・れいわ新選組代表は6月28日、そんな言葉で記者会見を始めた。…...

ツイッターのコメント(30)

これも同じ。 山本太郎はOUT!決定。
@hitoasi @hasumi29430098 木村さんも、候補者になる前から、そしてなったあとも「障害者と社会」についての問題を訴えてきたようです。

「自己の責任」についてはこれから調べます。
たしかに。生産性のない人、ハンデがある人は生きる価値が無いという考えが今の社会にあると思う。障がいがあっても、人より能力が低くても生きていける社会的に
障害者専用の施設を作る
それは
障害者を閉じ込める事になる❢

本当のバリアフリーとは❓
考えさせられますね
どこかの福祉系政治連盟から出馬する人にはない魅力。
なぜ、福祉系団体は当事者候補を推さないのか…。
大阪城天守閣にエレベーターが設置されていることを「大きなミス」とか言った馬鹿者に突きつけてやりたい記事だね。
当事者が自らの声で!
一応、65歳以上でも介護保険でカバーできないサービスは障害者施策のサービスを利用できることにはなっているはずなんだけど、現実は介護保険に全部したいんだろうな、行政は。
当事者を選ぶとするなら、もしかして次は冤罪、あるいは犯罪の被害者なのでは。
「障害者が生きられる社会は、誰にとっても生きやすい社会」
「 …続いて山本氏は、年来の主張を繰り返した。「当事者抜きに、当事者のことを決めるな… 」
Lgbt 問題にも通ずるものがあると思う。
政治における障害者不在を物語るエピソード→「山本氏が「質問はありませんか」と会場に声をかけた。数秒間、沈黙が続く。このとき、記者たちは固まっていた。「質問が浮かびませんか?」」
他の当事者が反対活動したらなんて言うのかね?
全て一致しないだろ。
議員活動は、声をひろうのも活動!その人を議員にすることではない。
「700人以上も国会議員がいながら、どうして当事者は1人も入ってないんですか、ということ。これがすべてです」
@hboljp
生産性ではなく、存在しているだけで人間は価値がある
「(障害)当事者の声を国会へ」
重度障害者の木村英子さん、参院選に立つ

ユニオンしずおかは、参院選は自主選択ですが、この人の訴えは、ぜひとも聞いて欲しい
人間解放を求める障害者の生きざまに触れて欲しい
れいわ新選組 山本太郎
いいと思う。毎回人選に度肝抜かれる。
元アイドルとか元アナウンサーとかもうウンザリだよ!
何より山本太郎の演説は熱いものが伝わってくるんだよな。
さんは、参議院議員になるだけでも参議院は変わる❗️

そのことは間違いない❗️
しかし、この多くの日本人が見えないふりをしていた事実に平然と手を突っ込む山本太郎の度胸は、ちょっと他に代えがたいものがあるなぁ…。→
確かに国民の代表が集まるはずの議場に車椅子では席につけない。障害者をめぐる日本の象徴。木村英子氏は当選して国会に本物のバリアフリーの風穴を開けてほしい。木村氏を選んだ山本太郎は志の高い本物の政治家だ。この記事も分量がしっかりあってわかりやすく視点がいい。
彼らの経済政策は支持しないけど、これはエポックメイキング。当選して欲しい。
木村さん
「私は地域に出て、健常者と同じようにただ普通の女性として当たり前に生きていきたかっただけなのに。地域に出た途端、障害者の介護保障運動をしなければ生きていけないことを思い知りました。地域で生きていく以上、死ぬまで運動していくことが今の私の現実です」
国会期間中ほぼ毎日のように国会議事堂に来なきゃいけないのが億劫で、一人で読み書き話が最低限もできない、感情をコントロールできず突然奇…
▶あの扶桑社がれいわ新選組の山本太郎を好意的に記事にしていることに驚きました。山本太郎の声は、リベラルにも保守にもそれ以外にも広く届いていく・・ ありがとう。
「れいわ新選組」山本太郎に、メディアが注目し始めたのは、うれしい‼「3人目立候補者発表、四谷の事務所、開場前から報道陣行列、生産性で人間の価値が測られる社会になっている」
とても詳しいリポート。必読。→
客寄せパンダはマジでやめろ
@d_knots_arakawa ありがとうございます。光栄です。
こっちもさっきアップされました。よろしくお願いします。
いろんなマイノリティ集めるマニアだな。トランプが大統領になるはずだよ。
山本氏はこれまで推進されてきたバリアフリー策について『バリアの中に閉じ込める施策』だったんだと、木村さんから学んだ」
以上

記事本文: れいわ新選組、重度障害者の女性を参院選の公認候補に。「当事者の声を国会へ」 | ハーバービジネスオンライン

関連記事