TOP > その他のニュース > 無能な上司はなぜ生まれるのか? そこには「法則」があった | ハーバービジネスオンライン

無能な上司はなぜ生まれるのか? そこには「法則」があった | ハーバービジネスオンライン

多くの会社員は出世するほど無能な人間に近づいているというのをご存知だろうか。あなたの周りにいる「無能な上司」というのは、出世によって無能化させられた犠牲者かもしれない。無能な上司を作り出す「ピーター…...

Twitterのコメント(14)

ありありと浮かぶ。
「あいつは言ったことができない!」「クライアントが悪い!」など、自分が仕事をできなくなった理由を、部下や環境のせいにし始めた人は無能化している可能性がある

ピーターの法則

納得 ( ˘–˘ )b
☑無能な上司はなぜ生まれるのか?


その役職でしか使えないスキルばかりだと次の役職に進んだら使えなくなるのは当然ですよね。本質を抑えるスキルがないと、どこで何をやろうとミスるし、ここが抑えられているとぶっちゃけどこで何やろうと結果でる
使えなくても出世していく人の方が多くて困る気がするのだがw
いるわぁと思っちゃった
 他責する
 アイデア批判しかしない
 指遊びや動作が増える
一番いいのは仕事の内容を変えずにノルマを増やしていくことだと思う。そうしたら無能な上司が生まれる心配もない。変に出世させることもしなくていい。
無能な上司が生み出されるピーターの法則
その理由は「能力の限界を迎えた」「仕事内容が変わって能力を発揮できない」など、さまざまだろう。その瞬間、順調に能力を発揮して出世してきた人が無能化。
| ハーバービジネスオンライン
ピーターの法則
難しい問題ですがこういう観点は必要ですね
ピーターの法則の犠牲者らしいのに数回遭ったけど(会った、ではない)災難でしかない
出世の背景に、期待値というバイアスが加わると、能力の限界を超えた役割を持つ上司が生まれるのだと思う。
実績に基づいて、誰もが認めるような人事であれば、そうはならない。未経験の領域だったり、将来性を見込まれたり、どこか今の実力にない役割を任せるからそうなる。
これ、政権の話❓官僚組織の話❓企業の話❓全部に当てはまっとるので
【ビジネス心理の連載をさせてもらってます!】

日本はちょっとずつ、この腐敗の法則から脱出してきてるなと感じる。

上下関係よりも、役割関係というパラダイムシフト

@hboljp
以上

記事本文: 無能な上司はなぜ生まれるのか? そこには「法則」があった | ハーバービジネスオンライン

関連記事