TOP > その他のニュース > 政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない | ハーバービジネスオンライン

政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない | ハーバービジネスオンライン

“昭和バブル時代”からずっと引きずってきた価値観を疑え「老後2000万円」問題で世間が騒がしい。「老後に2000万円も足りない」の部分だけを切り取れば、多くの方々が怒るのも当然だ。俺も怒っている。だ…...

Twitterのコメント(15)

麻生太郎大臣には、「いちばん困っている人の視点」がない
「カネ貯めろ!」ではなく、老後の負担を減らす政策を 髙坂勝氏
自民党下ろさないと生活困窮する日々が来る!
@iwakamiyasumi 髙坂勝氏:一人一人が声をあげれば大口を叩く政治家や愚かな政策を変えられる。「カネ貯めろ!リスクを負って運用しろ!」ではなく、教育費や老後の福祉などの個人負担を減らす政策こそ実施してもらいたいもんだ。 (ハーバー・ビジネス・オンライン)
【俺の計算では、老後に2000万円は要らない。あるに越したことはないが、人生全般が充実すれば、どっちでもいいのよ】政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない|ハーバービジネスオンライン 「教育費や老後の福祉などの個人負担を減ら・してもらいたい」
消費の価値観を変える。

所有から共有へと変えることで確かに大きな支出は減る。

大きな支出が減れば手持ちのお金が増えて資産運用なりなんなり融通が効くようになる。

融通の効くキャッシュが手元にあるって大事だとおもう🤔
「もっともっとという昭和から引きずってきた価値観を疑い、思考を変えて行動を…」

年老いても社会の中で何かを生産していきたいし、収入を得て暮らしたい。

生き方の転換期だと思う。

あと政府が自分でどうにかしてって言うのはおかしい。なんのために税金集めてるの?
言ってることには首をかしげる部分もあるが、なかなか面白い論説だと思う。2000万円足りないから個人で資産を増やせじゃなく、お金がかからなくなる老後を(国家事業として)設計するというのは、そのとおりだと思う。
2千万円足りないと受給される側の問題が大きく取り上げられているが、本当は今の若者達の問題なんだ。年収2百万円、月額15万円程度で
そもそもたくさんモノを買って、幸せになる時代はもうおわってる。

お金を持っていなければ幸せになれないと考えてる官僚やエリートたちは、なんて前時代的な価値観だろうと思う。
高坂さんのこの視点わかるなあ。実際私も彼もMacBookを2万円で譲ってもらったり、3拠点で7万円(2人分)の家賃で生活してたり、シェアハウスをしてたり。家具家電はほぼ人からの頂き物。洋服も人からの頂き物。だけど全く不自由を感じない。常識を疑うことからだねー。
>麻生太郎大臣には、「一番困っている人の視点」がない
【HBO!】
「老後2000万円不要」と筆者 政府は貯蓄推奨より個人負担削減を
10万以下の生活費で暮らしている人がいるのかと思ったが、記事を見るとすごく納得した。
生き方をみなおしている方の話しから、そもそもの政府の政策批判まで言っていて、面白しろかったです。
2000万ためるより麻生落とすほうが楽
政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない:田舎に行こうよ!これからはトマトやキュウリ、茄子そのほかいろいろスキル次第でほぼ毎日食べられるけどね!田舎の家は空き家だらけで安いしとにかく夏は涼しい!
以上

記事本文: 政府が言うべきは「2000万円足りないからカネ貯めろ」ではない | ハーバービジネスオンライン

関連記事