難民申請を却下され収容されたクルド人。残された妻と3人の子供の「終わらない苦しみ」 | ハーバービジネスオンライン

難民申請しただけなのに、この扱いはおかしいトルコ国籍のクルド人であるビロル・イナンさんは2017年11月、難民申請が却下されて東京入国管理局(東京都品川区)に収容された。父親と引き離されたことで、残…

ツイッターのコメント(30)

難民申請を却下され収容されたクルド人。残された妻と3人の子供の「終わらない苦しみ」(織田朝日)
2019年6月の記事です。
« ハーバー・ビジネス・オンライン
違反してることなんて全く無いのに、難民申請しただけで収容って、もはや難民の人達を誰でもそうしてるかのようだよ。
長い目で見て、これが日本の国益と言えるのか?世界がこれをどう見るのか。
いや、世界が見なくても、人間としてどうなのか!
この部分は嘘。
トルコでクルド人が首長の都市に住んでいます。クルド人も普通に安全だし。
「トルコは危ない。(トルコ政府の弾圧によって)クルド人である限り、安心して暮らせる場所はない。(トルコの)エルドアン大統領もクルド人嫌い。生活の中に、いつも差別あった」
あれあれ、とうとう印象操作始めちゃったよ。何なのこの入管ネガティブキャンペーンは。⇒
誰が手引きしてこういう問題を顕現化してるんだろうね!難民でないものは却下されるのが当然!本来、その国に留まり国民として問題解決すべきが第一かと…
>
なんで、却下されたんだろう?

技能実習生の受け入れは拡大しているのに……
助けてもらえるのが当たり前という図々しい姿勢のみ。そうやって被害者面して生きていたら何処に行ったって自分の望む生活など手に入らんだろう。
何処の国に居ても
何人でも
同じ地球で生きかされているのが人間

地球は誰のものでもない
地球のもの

その観点から考えても
平等-公平が真実

得てして政治-宗教が
市民を歪めている
 
PR
PR