TOP > その他のニュース > ガソリン車以上に希少金属を必要とする電気自動車(EV)は、 本当に「エコカー」なのか? | ハーバービジネスオンライン

ガソリン車以上に希少金属を必要とする電気自動車(EV)は、 本当に「エコカー」なのか? | ハーバービジネスオンライン

技術が進歩するほど、それを支える金属の需要が増える次世代の「エコカー」として、電気自動車(EV)が世界的に急速に普及する勢いだ。これに対して筆者が疑問に思うことがある。EVは、運転する環境では「エコ…...

ツイッターのコメント(20)

| ハーバー・ビジネス・オンライン
「現在のEVは、その利用する周辺環境だけが「エコ」なだけであって、その生産過程では決して「エコ」ではないといえる。」


あちらを立てればこちらが立たず。効率のいい回収再生システムに希望を繋ぐしかないね。
なるほど
ボルトが足りない。建設業界が悲鳴。
銅線がやがて品不足に。待ち受ける危機。
自動車業界の需要増大が拍車。。

EV車の生産には、原材料として膨大な希少金属資源が必要になるという
銅使用量はガソリン車の3~4倍で、決して「エコ」とはいえないのでは?
EV 車の燃料に石油を使わないというだけで、電池やその他の部品に使われる原料を手に入れるために、鉱山では石炭や石油が使われてるだろうし、乗る人間と製造する人間の自己満足でしょう。
定期的に電池も交換しなければならないし、その費用の高さに手放す人も…
それ以前の問題として、必要な電気をどう作るのかが重要かと思います。
結局、安定供給できる原子力や火力に頼るのであれば、都会の論理で自分の周りさえ良ければそれで良いというだけのことですよね。
「現在のEVは、その利用する周辺環境だけが『エコ』なだけであって、その生産過程では決して『エコ』ではないといえる。《中略》ホリスティック(全体的)な視点のない、安易なものつくりはもはや許されない時代になっている」

この結論は何事にも通ずる金言
コバルト使用量をみると、スマートフォン5~10g、タブレット30g、ラップトップ100gに対して、EVは10kg。桁違いに多い。

興味深い。
まあ、そうなんだが、やっぱりハーバーはアーパーというかアジャパーというか考えが足りないんだよねえw
省燃料とか無燃料とかが今のエコカーで、使ってる資源的にはどうかってことよね...
チキュウニヤサシイ
良い、とても大事な話の記事なんだけどなあ。わっかるかなあわっかんねえだろうなあ。
全固体ナトリウム電池が実用化できれば本当にエコになるし、現時点であれこれ言うよりレアメタルの代替え研究開発を促す記事を書くべきです。
本当に「エコカー」なのか?(HARBOR BUSINESS Online)

価格が高い(材料コストや製造コストが高い)と、より多くのエネルギーを使ってるってこと、確かにあります🤔
銅メダルが金や銀より上になったらドウしよう?っ
本当に「エコカー」なのか?(HARBOR BUSINESS Online)
EVがエコって、真剣に思っている人が居るのに驚き…
そのEVを走らす電力は、どうやって作られるのかな?
この記事の最後に、著者の書いた書籍のリンクがある。読んだことある書籍でした。著者は大手セメント会社の元取締役で、大学で環境経済学を学び直したそうです。
EVに使用される銅・コバルト・リチウムの採掘量と使用料の話


2019.04.05
谷口正次 さんの著述
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR